POP

  1. STORY ~HY BEST~

    • 音楽
    HY
    2000 年結成。沖縄県在住。これまで12枚のオリジナルアルバムをリリースし、全47 都道府県を回るツアーや、海外ツアーを敢行。NHK紅白歌合戦にも2010年・2012年の2回出場を果たす。“More Local , More Global”をテーマに家族で参加できるワークショップイベントも開始。2018年8月22日自身初となるセルフカバーベストアルバム「STORY ~HY BEST~」をリリース。さらにベストアルバムを携えて9月22日から全国47都道府県ツアーをスタートする。 ≪HY Official Web Site “HY ROAD”≫◆https://hy-road.net/ ≪HY Official Twitter≫◆https://twitter.com/hy_road ≪HY Official Facebook≫◆http://www.facebook.com/hyroad.hy ≪HY Official YouTube≫◆http://www.youtube.com/user/hyofficial922 《HY Official LINE》◆@hyline ≪LINE OFFICIAL BLOG≫◆http://lineblog.me/hyline/
  2. Hikari

    • 音楽
    androp
    内澤崇仁(Vocal&Guitar)、佐藤拓也(Guitar&Keyboard)、前田恭介(Bass)、伊藤彬彦(Drums)による4人組ロックバンド。 2009年12月に1stアルバム『anew』でデビュー。多くのタイアップ曲を手掛けるほか、ミュージック・ビデオも国内外11のアワードで受賞。内澤は楽曲提供も多く、柴咲コウ「EUPHORIA」、Aimer「カタオモイ」など、高い評価を得ている。 2018年はオリジナルフルアルバム『cocoon』を発売。春にホールツアー、秋にライブハウスツアーを開催し、活動の幅を広げている。
  3. アイ・ガッタ・フィーリング

    • 音楽
    Aiji
    ヴォーカリスト maya とギタリスト Aiji によるロックユニット【LM.C(エルエムシー)】。 ミクスチャー、デジロックなど、簡単にカテゴライズできないPOP でキャッチーなサウンドを展開し、その存在感はヴィジュアル系という枠に留まらない。活動地域は日本のみならずアジア・ヨーロッパ・中南米でワールドツアーを行うなど、世界的に高い評価を得ている。2016年に結成10周年を迎え、アルバム「VEDA」をリリース。2018年8月8日にはニューアルバム「FUTURE SENSATION」をリリース。
  4. FUTURE SENSATION

    • 音楽
    LM.C
    ヴォーカリスト maya とギタリスト Aiji によるロックユニット【LM.C(エルエムシー)】。 ミクスチャー、デジロックなど、簡単にカテゴライズできないPOP でキャッチーなサウンドを展開し、その存在感はヴィジュアル系という枠に留まらない。活動地域は日本のみならずアジア・ヨーロッパ・中南米でワールドツアーを行うなど、世界的に高い評価を得ている。2016年に結成10周年を迎え、アルバム「VEDA」をリリース。2018年8月8日にはニューアルバム「FUTURE SENSATION」をリリース。
  5. THE BLUE HEARTS

    • 音楽
    畑泰介
    1975年生まれ。神奈川県出身。早稲田大学建築学科、同大学院卒業後、広告代理店に就職。学生映画祭でグランプリを受賞するなど若くして才能を開花。映画『有限会社ひきもどし』(2006年)を公開後、テレビ東京系列アニメ『宇宙人の幽霊〜ウチュレイ〜』(2009年)『続・宇宙人の幽霊〜ウチュレイ〜』(2010年)で企画・原案・原作漫画を担当。広告ではカンヌ国際広告祭ファイナリスト、アート作品ではパルコアーバナート準グランプリを受賞するなど、ジャンルを超えて活躍中。

特集

  1. 間違いなく「カッコいい」イベントの仕掛け人・宮川企画の原動力となっている曲は?

    宮川良樹がオーガナイズを担う個人イベンター宮川企画。「カッコいい」イベントの仕掛け人・宮川良樹に、彼を突き動かしているというおとぎ話、MOROHA、野狐禅、SuiseiNoboAz、THA BLUE HERB、フラワーカンパニーズらの曲を紹介してもらい、主催イベントに対する姿勢や来し方、向かう先を伺った。

  2. 氣志團やサンボマスターらを世に広めた「おもしろライター」フジジュンにインタビュー

    幅広いジャンルのアーティストに対応できるオールマイティなライター&インタビュアーフジジュン氏。氣志團、サンボマスター等々、彼が過去に「面白い!」と目をつけ、広めた「おもしろライター」にインタビュー。ここまでの経緯や心得、ポリシーやアーティストとの接し方等々を、彼のこれまで出会ってきたアーティストのおススメ楽曲と共に紹介。

  3. ライブキッズあるある中の人は何者?邦楽ロックフェスを疑似体感できるMIX CDに迫る

    1枚で古今東西過去現在様々な邦楽ロックフェスを疑似体感できるMIX CD『DJライブキッズあるある中の人presents「フェス行きたい!~邦ロックフェス編~」』もリリースした「ライブキッズあるある中の人」にインタビュー。インフルエンサー、DJ、オーガナイザーなど多岐にわたる肩書きを持つ「ライブキッズあるある」の「ライブハウスで音楽をたのしむ文化を啓蒙したい」との熱い想いとおススメの6曲を訊いた。

  4. 冬の朝に聴きたいエレクトロニカ。風景に溶け込む音楽を5曲紹介

    「綺麗な風景×落ち着いた音楽」のライブイベントを個人で企画している、石松豊。今回のテーマ「冬の朝」に合わせて、Akira Kosemuraやmoskitooなど風景に溶け込むようなエレクトロニカでアンビエントな音楽を5曲選んでくれました。寒い日の朝や、冬を思い出す時間のBGMにどうぞ。

音楽