POP

音楽の特集

    1. 『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか──人は文脈に感動する

      映画『ボヘミアン・ラプソディ』の勢いがまだまだ止まらない。第91回アカデミー賞では5部門にノミネートされ、累計興行収入は100億円を突破。観客動員数は700万人を軽く超えている。では、『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか? 本稿では、「音楽映画的側面」「マイノリティの問題」そして「文脈」という3つの観点から考えてみたい。

    2. 星野源『POP VIRUS』収録曲解説|日本中で感染者続出の「POP菌」その対処法

      発売を一か月過ぎても未だその実売ペースに衰えを魅せない星野源のニューアルバム『POP VIRUS』。快進撃を続ける今作が老若男女を問わず支持されるまでに至った背景と、アルバム収録曲の内容や構成に触れながら、「星野源」というアーティストの変わる事のない本質について解説する。

    3. <見放題>主催、専門学校講師、アーティストマネジメントなどマルチに活躍する「民やん」こと髙橋祐己を動かすモチベーションとは?

      サーキットフェスを全国各地で5箇所仕切っている男、「民やん」こと高橋祐己をインタビュー。
      今に至るまでの経緯、昨今のサーキットフェス事情、アーティストを見出す審美眼やこれからについて、<見放題>想い出の5曲と共に紹介したい。

音楽