人肌恋しい季節に!スティーヴィー・ワンダーやリチャード・サンダーソン、心を温めてくれる恋愛映画&挿入歌5選
  • 特集
  • 映画
  • 音楽

人肌が恋しくなる寒い季節。優しい気持ちになれる恋愛映画が、ささやかな温もりを与えてくれる。恋愛映画の中から、作品の中で流れる挿入歌が心に残る作品を紹介。

どの曲も名曲で、物語を美しく彩っている。映画を観終わった後、その挿入歌を聴けば、カイロみたいに心を温めてくれるはず。

 

『ラ・ブーム』(原題:La Boum)

作品ページを開く

リセ(フランスの中学校)に入学して、期待に胸を膨らませる13歳の少女、ヴィック。友達から憧れていたパーティー、「ブーム」に初めて参加したヴィックは、そこで知り合った大人っぽいマチューにほのかな恋心を抱く。その一方で、父親の浮気が原因で両親が別居すると大騒ぎ。

80年に大ヒットしたフランス映画『ラ・ブーム』は、ヒロインの初恋に大人の恋を絡めるあたりが、さすが「恋愛の国」フランス。700人の中からオーディションで選ばれたソフィー・マルソーの可愛さも、本作の大きな魅力だ。

1. 「愛のファンタジー」/リチャード・サンダーソン

そんな中、名シーンとして語り継がれているのが、ブームでひとりぼっちのヴィックの耳に、マチューがウォークマンのヘッドフォンをかけるシーン。そこで流れるのが、リチャード・サンダーソン(Richard Sanderson)「愛のファンタジー」だ。虫歯になりそうな甘いメロディーと歌声が、10代の夢見るような恋心を伝えてくれる。

 
 

『あの頃、ペニー・レインと』(原題:Almost Famous)

作品ページを開く

70年代のアメリカ。15歳の少年、ウィリアム(・ミラー)はロックが大好きで、学校新聞にロックの記事を書いていた。そんなウィリアムの才能に注目した音楽雑誌の編集者から依頼を受けて、ウィリアムは大好きなロックバンド、スティルウォーターのツアーに同行して記事を書くことになる。ロックバンドと一緒にツアーをまわる夢のような日々。そんな中、ウィリアムはスティルウォーターの追っかけをしている美しい少女、ペニー・レインに心惹かれていくが、彼女はギタリストのラッセル(・ハモンド)と付き合っていた。

2. 「マイ・シェリー・アモール」/スティーヴィー・ワンダー

ひとりの少年の成長を描き、随所に70年代の名曲が流れる青春映画『あの頃、ペニー・レインと』。ラッセルにフラれたペニー・レインが睡眠薬で自殺を図り、それをウィリアムが助けるシーンで流れるのが、スティーヴィー・ワンダー(Stevie Wonder)「マイ・シェリー・アモール」だ。

傷ついたペニー・レインを優しく見つめるウィリアムの気持ちが、《君が僕のものだったら》という切ない歌詞から伝わってくる。くよくよせずに、明るいメロディーなのが印象的な片思いソングの名曲だ。

 
 

『パンチドランク・ラブ』(原題:Punch-Drunk Love)

作品ページを開く

バリー(・イーガン)は真面目でシャイな男。でも、突然かんしゃくを起こして暴れるという困った一面があった。姉のパーティーでからかわれただけで、部屋中の窓ガラスを割って大暴れ。そんなわけで、バリーは女性とは無縁な日々を送っていたが、姉の職場の同僚のリナ(・レナード)がバリーの写真を見て一目惚れ。バリーを食事に誘い、次第に二人は惹かれ合っていく。ところが、バリーを付け狙う男達がいた。

『パンチドランク・ラブ』は、鬼才ポール・トーマス・アンダーソンが描く風変わりなラブストーリー。個性的なキャラクターが織りなす先が読めない展開に引き込まれていく。

3. 「ヒー・ニーズ・ミー」/シェリー・デュヴァル

そこでクライマッスのキスシーンで流れるのが、シェリー・デュヴァル(Shelley Duvall)の「He Needs Me」だ。この曲は映画『ポパイ』で、ポパイの恋人、オリーヴを演じたシェリー・デュヴァルが歌った曲。そのことを知っていると、キレると暴れるバリーと天然なリナの関係が、ポパイとオリーヴのようにも思えて面白い。

 
 

『ラブソングができるまで』(原題:Music and Lyrics)

作品ページを開く

80年代に大人気だったバンド、ポップのボーカル、アレックス(・フレッチャー)。今ではすっかり落ちぶれて、「あの人は今」みたいな番組にゲストで呼ばれるくらいしか仕事はなかった。そんなアレックスに再び脚光を浴びるチャンスが訪れる。人気の歌姫、コーラ(・コーマン)から曲の依頼が来たのだ。期限はたったの2週間。アレックスは必死で曲を書くが作詞に手こずってしまう。そんな時、アレックスの家の鉢植えに水をやるバイトに来ていた女性、ソフィー(・フィッシャー)が何気なく呟いたフレーズに、アレックスは閃きを感じる。ソフィーは失恋をきかっけに筆を折った作家の卵だった。アレックスはソフィーを説得して二人で曲作りに挑戦する。

4. 「愛に戻る道」/ヒュー・グラント&ドリュー・バリモア

ラブコメのプリンス、ヒュー・グラントとドリュー・バリモアのコンビで送る『ラブソングができるまで』は、出直し男女のラブストーリー。二人は曲作りを通じて愛し合うようになり、そこで生まれるのは「愛に戻る道」という美しいバラードだ。二人がデュエットで歌う「愛に戻る道」は、新しい目標に向かって歩き始めた二人の希望に満ちている。

 
 

『君の名前で僕を呼んで』(原題:Call Me by Your Name)

作品ページを開く

1983年の夏。17歳のエリオ(・パールマン)は、北イタリアの別荘で両親とバカンスを楽しんでいた。そこにやって来たのは、アメリカ人の大学院生、オリヴァー。エリオの父親は考古学を教える大学教授で、オリヴァーは助手として父親を手伝うことになっていた。知的で自信に満ちているオリヴァーのことが気になるエリオ。地元の女の子達と遊んでいても、気がついたらオリヴァーのことを目で追いかけていた。そして、自分の気持ちに気付いたエリオは、思い切ってオリヴァーに自分の気持ちを告白することに。

少年のひと夏の体験を綴った『君の名前で僕を呼んで』は、昨年、アカデミー賞にノミネートされた話題作。これまで「禁断の愛」として描かれることが多かった同性愛を自然なものとして、美しいイタリアの美しい自然の中で詩情豊かに描き出した。

5. 「ミステリー・オブ・ラヴ」/スフィアン・スティーヴンス

オリヴァーがアメリカに帰る前、思い出作りの旅行に出た二人のバックに流れるのが、スフィアン・スティーヴンス(Sufjan Stevens)「ミステリー・オブ・ラヴ」だ。美しくも儚いメロディーが、二人の幸福な日々を浮かび上がらせる。

 

ラブストーリーとラブソング。温もりが倍増する組み合わせで、ハートウォームな気分で冬を乗り切ろう。

 

text by 村尾泰郎