小松菜奈・門脇麦・成田凌登壇!映画『さよならくちびる』公開直前イベントで観客と大合唱
  • 新作
  • 映画

5月31日(金)より全国公開される、映画『さよならくちびる』の公開直前イベントが5月21日(火)、東京・タワーレコード渋谷店にて開催され、小松菜奈さん、門脇麦さん、成田凌さんが登壇しました。

『さよならくちびる』は、突然解散を決めた人気デュオ「ハルレオ」と付き人のシマが、全国ツアーの旅の中でそれぞれの秘密や本音を知り、想いをぶつけ合いながら、未来への希望を見出していく音楽ロードムービーです。

そして、「ハルレオ」として登場する小松さん、門脇さんは、5月22日にEP「さよならくちびる」をリリースし、実際にメジャーデビュー!

この日のイベントでは、劇中で着ているつなぎの衣装を着て登場し、楽曲や映画について語りました。
 

成田さんのタンバリンは「真面目だった(笑)」

CDデビューの心境について聞かれた門脇さん。
「本当に素敵な曲なので、みなさんに聞いていただけるのは嬉しいよね」と小松さんに振ると、小松さんも「嬉しい」と喜びの表情。続けて「しかも、CDという形でも発売できるのはすごく良いなと思います。」と語りました。
また、ドキドキしているか質問されると「嬉しい気持ちのほうが大きい」と笑顔を見せました。
 
ハルレオを支えるディーラー兼マネージャー・シマ役の成田さんは、門脇さんと小松さんとの共演を「いてくれるだけで、華やかな空気になる。存在してくれているだけでありがたいという気持ちです(笑)。二人をよろしくお願いします」と本物のマネージャーのように語ると、続けて聞かれたギターの練習についての質問には「よくぞ聞いてくれました!」と嬉しそうな表情。

「僕もギターを頑張ったのですが、あまり質問されなくて(笑)。だから、僕もちょっとは頑張ったんだよ、とこの場で言いたい!手元とかも自分でやっているので、観てほしいです。もう弾けないけど(笑)」と話し会場の笑いを誘うと、「成田さんはタンバリンも叩いていますからね!」というMCからの振りに「そうそう!」と笑顔を見せました。
 
しかし、これに小松さんが「もっと面白くやってくれたらいいけどね」とツッコむと、門脇さんも「踊ってってお願いしたけどやってくれなかった。真面目だった(笑)」と暴露。
成田さんは苦笑しながらも「真面目……(笑)。タンバリンで目立ってはだめだなと思って静かに叩いていました。ライブの撮影のとき、僕もギターを持って舞台に出て行くんですけど、そこでタンバリンを叩き始めると、エキストラの人たちから『あっ、タンバリンなんだ!』という空気が流れました(笑)。」と明かし、会場が爆笑に包まれました。

また、小松さんと門脇さんを一番近くで見ていた成田さんは、お二人の演奏や歌について「本当にすごいですよ!ギター初心者だったのにここまで出来るんだという驚きもありましたし、あいみょんさんと秦基博さんが歌っている曲を聴いたときの感動と同じように、二人が歌っている曲を聞いたときには『完成しているな』と感じました」と熱く語りました。

観客との大合唱に「みんなで歌うっていいね」

この日のイベントでは、集まった観客と「さよならくちびる」を大合唱するコーナーも。
一回目の練習の際、手拍子をしながら観客の歌声を聴いていた3人。

完璧な歌声に涙ぐんでいた小松さんが「撮影のときを思い出しました。みんなで歌うっていいね」と話すと、門脇さんも「私も撮影のときを思い出しました。鳥肌が立ちましたね」と述べました。

映画も音楽も楽しんでほしい

最後に集まったファンへメッセージを送った3人。
成田さんは「ここまで愛してくれていることが本当に嬉しいです。映画も音楽もよろしくお願いします!」と、門脇さんは「私たち、そして秦さんとあいみょんさんの想いがつまっている曲を聴いてから映画を楽しんでいただき、映画を観た後にまた音楽を楽しんでほしいです」と、小松さんは「こんな素敵な機会を作っていただいて嬉しかったです。撮影のときを思い出してぐっときましたし、本当にいい曲だなと改めて感じました。映画の公開まで一週間ほどになりましたが、みんなで作り上げたこの作品が完成したこと、あいみょんさんと秦さんに素晴らしい曲を提供いただけたことを幸せに思います。早くみなさんに観ていただきたいです」と話し、温かい拍手でイベントは幕を閉じました。
 
さよならくちびる
公開:5月31日(金)TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー
監督・脚本・原案:塩田明
キャスト:小松菜奈、門脇麦、成田凌、篠山輝信、松本まりか、新谷ゆづみ、日髙麻鈴、青柳尊哉、松浦祐也、篠原ゆき子、マキタスポーツ
配給:ギャガ

© 2019「さよならくちびる」製作委員会
 

■フォトギャラリー