『居眠り磐音』松坂桃李・木村文乃インタビュー「この時代だからこその“想いの強さ”は本当に素敵」
  • 新作
  • インタビュー
  • 映画

5月17日(金)に全国公開した、映画『居眠り磐音』。

原作は、時代小説累計6500万部超えのベストセラー作家、佐伯泰英さんの同名小説。
哀しい過去を持つ浪人・坂崎磐音が、江戸で出会った大切な人々を守るため、哀しみを胸に颯爽と悪を切る姿と、切ない男女の恋模様を美しく描く時代劇エンターテインメントです。

今回、goo POPLETAでは、主人公・坂崎磐音を演じた松坂桃李さんと、浪人となった磐音が江戸で出会う両替屋の女中・おこんを演じた木村文乃さんへインタビュー。

役や作品への想いだけでなく、ぜひ参考にしてほしい、緊張したときの対処法についても教えていただきました。
 

磐音の過去を核として大事にした

――ご自身の役を演じるにあたって意識されたことはありますか?

松坂:磐音の過去の部分は、核として大切に持っておくよう意識しました。故郷での哀しい事件を経て、江戸に浪人となってから、『居眠り磐音』が始まると思っていたので、過去の思い出は根っこの部分にずっと残しておきましたね。そこがしっかりしていれば、他の部分はきっと大丈夫だという確信もありました。

――では、特にこだわられたシーンはありますか?

松坂:やっぱり、柄本佑さん演じる幼馴染・小林琴平との決闘のシーンですね。あの立ち回りには特にこだわって、撮影にも3日くらいかけました。その過去があるからこその磐音なので、僕にとってすごく重要なシーンでした。
 

©2019映画「居眠り磐音」製作委員会

――木村さんは時代劇初出演でしたが、町娘のおこんをどのように演じられましたか?

木村:台本のト書きに「太陽の似合う女性」と書いてあって、奈緒さんとも対比になるようにしてほしいと監督がおっしゃっていたんです。なので、「太陽を似合わせていこう!」と思いました(笑)。深川の女の粋や、チャキチャキした雰囲気も意識しましたね。

――具体的には、どのような点に気をつけましたか?

木村:粋に見えることと、深川の女がどういう女性なのかをセリフだけではなく、着物の袂を掴んで感情表現したり、立ち方を少し変えてみたりしました。そういった部分でナチュラルに仕上げようと思いました。
 

自由に伸び伸びとお芝居ができた

©2019映画「居眠り磐音」製作委員会

――撮影に入る前に、監督からの要望やアドバイスはありましたか?

松坂:本木監督は「どうぞ、やってみてください」と託すタイプの方だったので、役に対してのお話は特になかったですね。きっと、監督の中で『居眠り磐音』の作品像がほぼ完成していたから、「好きに遊んでみて」と思っていて、実際に撮影して気になるところがあれば軌道修正しようと考えられていたのかなと。でも、その軌道修正もほとんどなかったので、監督が思い描いている作品の幅はすごく広く、大きいのではと感じました。だから、すごく伸び伸びとお芝居させてもらった感覚はあります。

木村:私も特に監督からお話はなかったです。口数が多い方でもないですしね。でも、お芝居が良かったときは、急に隣にきてボソッと褒めてくれました(笑)。

松坂:確かにそうだったね(笑)。

木村:最低限、時代に合った女性のルールを守らなければいけなかったですが、それ以外は、「木村さんらしく」とおっしゃってくださったので、私も伸び伸びと演じることができました。
 

女性が逞しく描かれている時代劇

©2019映画「居眠り磐音」製作委員会

――今回のご自身の役から何か影響を受けましたか?

松坂:この時代だからこその“想いの強さ”は本当に素敵だなと思いました。携帯電話ですぐに人とコンタクトが取れる今のような時代ではないからこそ、人に対しての想いが強くなるのかなと感じて、自分もそうでありたいと思いました。でも、僕らの世代からすると、なかなか難しいと思うので、羨ましいですね。

木村:これはクランクイン前にもお聞きしたんですけど、女性が逞しく生きる姿を映すのが時代劇では珍しいらしくて。それまでは奥ゆかしく、三歩下がって見守るのが女性像だと思っていましたが、守られながらも、自分も相手を守ったり支えたり、ときに背中を押したりすることができるんだなって演じてみて思いましたね。

――本作で登場する女性たちは本当に強くて、「こうありたい」と憧れました。

木村:そうですよね。だから、インタビューでは「女性が本当に逞しいです!」とその部分を推しています! 今回もその部分を推したいと思います!
 

師範を演じた佐々木さんに圧倒された

©2019映画映画「居眠り磐音」製作委員会

――本作の登場人物で印象深かったのはどのキャラクターでしょうか?

松坂:本当にたくさんいるんですよね。先ほどお話した、柄本明さん演じる有楽斎は一回見たら忘れないほど強烈なインパクトを残します(笑)。でも、個人的には佐々木蔵之介さんが演じた師範(佐々木玲圓)のどんと構えつつ、懐が深い感じが好きですね。映画の中で佐々木さんとの立ち回りシーンがあるのですが、ワンカットの長い立ち回りで、本番のとき思わず転でしまったんです。師範としての威圧感がすごくて、演技ではなく自然に転んだんです。「ああ……!師匠!」と思わず言ってしまうほど、圧倒されて。実際にそのシーンはOKになって、本編で使われています。

――その瞬間は本当の師範と門弟になっていたのですね。実際に使われたそのシーンはぜひ注目して観たいです! 木村さんはいかがですか?

木村:おこんのお父さん役の梅雀さんです。私が撮影に参加したのは2週間くらいでしたが、初めて長期で京都に行ったんですね。仕事で来ると観光や美味しいものを食べに行く感覚がなくなってしまい、気付いたらホテルから出ていなかったので、さすがにまずいと思って、梅雀さんに「夜ごはんのお店が分からなくて困っています」とお話したら、お店をリストアップしてくださったんです! しかも、 “この気分のときはこのお店へ”とおすすめの理由も書いてくれて。そこからコミュニケーションが自然にとれるようになり、早い段階から本当の親子のような関係を築くことができました。梅雀さんには心から感謝しています。大好きです!