『映画 賭ケグルイ』浜辺美波・高杉真宙・森川葵インタビュー!「夢子と芽亜里と鈴井の距離感が変わってきた」
  • インタビュー
  • 映画

5月3日(金・祝)に全国公開される『映画 賭ケグルイ』。

舞台は”ギャンブルの強さのみ”が自身の階級を決める、私立百花王学園。
“非ギャンブル”と“生徒会への不服従”を掲げるヴィレッジ、そして最強のJKギャンブラー・蛇喰夢子を潰すため、学園を支配する生徒会は全校生徒強制参加のギャンブルトーナメントイベントを開催。
手に汗握る心理戦にドキドキが止まらない、ギャンブル・エンターテインメントです!

そして本作は、原作者の河本ほむらさんが原案・監修を務めた完全オリジナルストーリー。
2018年1月に放送されたドラマseason1と、現在放送中のseason2の主要メンバーはもちろん、オリジナルキャラクターも続々登場します。

今回は主人公・蛇喰夢子(じゃばみゆめこ)役の浜辺美波さん、鈴井涼太(すずいりょうた)役の高杉真宙さん、早乙女芽亜里(さおとめめあり)役の森川葵さんにインタビュー。
本作や役柄の魅力についてたっぷり語っていただきました。
 

浜辺さんと森川さんの演技は麗しくて妖艶

――今回の映画はオリジナルストーリーでしたが、今回の脚本を読んだときの感想を教えてください。

浜辺:ドラマや原作よりもゲームのルールが覚えやすく簡単なものだったので、とても観やすいですし、分かりやすいなと思いました。これまで出てきたキャラクターが全員出ていて、しかもトーナメント戦なので盛り上がりもあり、誰が勝つのか分からないのも読んでいて楽しかったです。「賭ケグルイ」の集大成という感じですね。

森川:私はドラマのseason1からずっとやっていますけど、新キャラがたくさん出てきているので、すごく新しい気持ちでした。「賭ケグルイ」という物語を楽しみながら読むことができました。

高杉:台本を読んで、「鈴井くんがギャンブルに参加してる!」とまず思いました。それが一番衝撃でしたね! でも、2時間で3回ギャンブルするのは覚えるのが大変だなと思いました(笑)。する方も説明する人も大変だなと。

――浜辺さん演じる夢子と森川さん演じる芽亜里は、とても色っぽいキャラクターですが、何を意識して演じられているのでしょうか。

浜辺:私はキャストの中でも年下なので、森川さんや池田さんなど“色気の先輩”を見習って演技しました。

森川:お手本にしてもらえる色っぽさはないですが(笑)。私の場合、芽亜里のツンとしている部分が魅力的、と感じてもらえるようにしたいと思って演技しています。
 
――高杉さんは、お二人の色っぽい演技を一番近くで見ていますが、ドキドキしませんか(笑)?

浜辺:多分されていないと思います(笑)。

高杉:そんなことないです(笑)! 二人とも色気が素敵で……。

森川:感情こもってないよ(笑)。

高杉:いや、でも本当に演技になると麗しいというか、妖艶な感じがしますよね!

浜辺:演技になると……(笑)。

――普段もですよね?

高杉:もちろんです! 「賭ケグルイ」の世界観がしっかりしているのもありますが、お二人ともお芝居に入ったときの切り替えがすごいんですよ。より近くにいる僕は、お二人の雰囲気が変わる瞬間を肌で感じていますね。
 

夢子と芽亜里と鈴井の距離感が変わってきた

©2019 河本ほむら・尚村透/SQUARE ENIX・ 「映画 賭ケグルイ」製作委員会

――皆さんはドラマのseason1からご出演されていますが、ご自身の役柄の第一印象を教えてください。

森川:芽亜里は、人付き合いが下手そうだなという印象でした。賭けごとに勝つことによって人との付き合いを保っているキャラクターだなと思って、「もうちょっと楽に生きても良いのに」と少し寂しく感じましたね。

浜辺:夢子は、何を考えているのか分からないキャラクターだなと思いました。ギャンブルが大好きな部分以外に可愛らしい一面もあったりしますが、生い立ちとかは見えないので、本当に感情に繋がりがないと感じました。なので、原作を読んでも、演じていても、最初はどんな女の子なのか全く分からなかったです。

高杉:鈴井は、まっすぐで素直で分かりやすいなと思いました。思っていることも全部言いますし、裏も表もない子。だから台本を読んでいると、鈴井のことがまっすぐに伝わってきました。
 
――season1、season2、映画と演じていくうちに、ご自身のキャラクターで印象が変わった部分はありますか?

森川:芽亜里は、夢子と鈴井と仲良くなって感情が解放された気がします。乙女な部分が見えてきましたね!

浜辺:夢子は、おちゃめな部分も結構あるなと感じました。ました。鈴井さんや芽亜里さんに気を許せるようになったら、ちょっとからかったりもするようになって。女子高生っぽい部分もちゃんと持っている子だなと。

高杉:ちょっとずつ夢子たちとの距離感が変わってきているなと思います。鈴井くん自身の心情の変化もあるかと思いますが、仲良くなっている証拠なのかなって。あと、ギャンブルの説明ができなくなりました(笑)。

浜辺:season1では鈴井が説明していたのに、副会長と五十嵐さん(中村ゆりかさん演じる五十嵐清華)にもっていかれちゃったからね(笑)。

高杉:そうそう(笑)。もう、鈴井くんが説明することがないのかと思うと寂しいな……。

森川:映画では、冒頭の学園の説明も新渡戸(小野寺晃良さん演じる新渡戸九)がもっていっちゃったしね(笑)。
 

木渡と芽亜里のコンビは最高!

――映画の中で、みなさんが一番シビれたシーンはどこですか?

森川:私はみんなで「よし、やるぞ!」って決めて会場に向かっていくシーンですね。「マーベルか!」っていう(笑)。

高杉:アベンジャーズっぽかったね(笑)。

森川:あのシーンはすごく好きですね。多分、監督の遊び心が入っていると思うんですけど、ちゃんとかっこよく見えたし(笑)。

高杉:僕は木渡(矢本悠馬さん演じる木渡潤)が復活したシーンですね。矢本さん、本当に面白い! ドラえもんのジャイアン方式というか(笑)。

森川:わかる(笑)。

高杉:やっぱり帰ってくるんだっていう安心感がありましたね! その感じがすごく好きで、何とも言えない気持ちになって、シビれましたね!

浜辺:私も、木渡と芽亜里さんのシーンが結構好きで。自分がいなかったところなので、完成した映画を観たとき「こんな風になってたんだ」と思いました。芽亜里さんは鈴井さんと良い感じになったりするのかなと思っていたら、意外と木渡さんとも良いコンビで、そのコンビ感と芽亜里さんの可愛さと、木渡のちょっと男前な感じがもう本当に良かったです!
 
――セリフもテンポが良くて、とても良いコンビでした!

森川:私、クランクインする前に監督に「芽亜里は木渡とは組みません」って言ったんです(笑)。そしたら「いや、そうしないと話が進まないんだよ」って言われて諦めて(笑)。でも、矢本さんとは何度も共演しているので、やっぱりペースが合うんですよね。逆に合いすぎてしまったみたいで、監督に「そういうつもりじゃなかったんだけどな……」と言われたくらいでした。