『L・DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』上白石萌音&杉野遥亮インタビュー!「高校生で同居って羨ましい」
  • インタビュー
  • 映画

3月21日(木・祝)に全国公開された、映画『L・DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』。

累計発行部数1088万部突破の超人気少女漫画が原作の本作は、2014年に剛力彩芽さんと山崎賢人さん主演で映画化された『L・DK』の実写再映画化。

ヒロイン・西森葵と彼氏である学校一のイケメン・久我山柊聖との同居に、柊聖の従兄弟・久我山玲苑が割り込んでくることから始まる、一つ屋根の下での三角関係を描いた胸キュン同居ラブストーリーです。

今回、goo POPLETAでは、西森葵役の上白石萌音さんと久我山柊聖役の杉野遥亮さんへインタビュー。

少女漫画のヒロインとイケメン王子という難しい役柄を見事に演じきったお二人に、役への想いやご自身の恋愛観を聞きました。

 

漫画の可愛い仕草を取り入れつつ、自分らしく演じた

ーー今回の役を演じるにあたって何を意識されましたか?

上白石:もちろん、漫画はめちゃくちゃ読み込みました。クランクイン前までは、漫画が大きな指標でしたが、漫画のまま演じると、やっぱり色々違ってくるので、その塩梅にすごく悩みましたね。でも現場に入ったら、いい意味でそこにとらわれず、一人の素朴な子としていられたんです。なので、ご一緒するキャストの皆さんに刺激を受けたり、セリフをちゃんと心で受け止めたりしながら、お芝居を全うしようという気持ちで演じました。

ーーでは、原作の葵の仕草や表情を参考にしつつ、その場で感じたことを演技に反映されたんですね。

上白石:そうですね。やっぱり、漫画の葵はすごく可愛いんですよ(笑)。その可愛い仕草とかを実際にやってみると、あまり可愛くならなかったりするので、取り入れられるところは取り入れつつ、理想像として置いておくようにしました。でも、同じことをやったところで、多分違うものになってしまうので、自分なりに消化して演じるよう心がけましたね。

杉野:僕は漫画を読んで、そして前作の映画を観て、まず「どうしよう」って悩みました。前作の柊聖のイメージを持って観に来てくださる方がどう思うか気になったし、ストーリーが進んだことによって変わった部分を自分なりに埋めていかなければいけないので。それを受け止めてくれるのかという不安がありましたね。僕が作ろうと思っていた柊聖は、葵に見せる顔のような、みんなが想像している人よりもちょっと柔らかい柊聖だったんです。漫画を読んでというのもありますが、台本を読んでそれが正解かなって思いました。

上白石:柊聖って、誰よりも複雑で一番変化のある役だよね。葵と玲苑は、まっすぐ素直に、一本線で生きている人だと思うんですよ。でも、柊聖はいろんな顔を持っているし、相手によって顔が違う。それはあざとさではなく、純粋に人から影響を受ける受け身なタイプの人だと思うんです。

杉野:それが全体を通して、柊聖に見えていなくてはいけないという不安もあったので、すごく考えた役でした。

ーー杉野さんは漫画の実写化作品への出演が多いですが、先ほどのお話を聞くと、「柊聖」という役が一番大変だったのではないかと思いました。いかがでしょうか?

杉野:色んな意味で一番大変だったかも。前作の映画を観たり、漫画を読んだりして、柊聖のイメージを膨らますことが一番大変でしたし、引き継ぐということも大変な部分でしたね。

 

杉野さんは柊聖とすごく近い

ーー演じてみて感じた、葵と柊聖の好きなところを教えてください。

上白石:素敵だなと思うところだらけでした。女子はみんな、葵が理想系なんじゃないかと思いました。葵って派手な子ではないけれど、素朴さがあって、家庭的で、ちょっと抜けてるんですよね。その“ちょっと抜けてる”が最強だと思うし、本当に“可愛い”を詰め込んだ子だなと思って。しかも、異性だけでなく、同性から見ても可愛いなと思う要素がいっぱいある。なので、それを考えれば考えるほどハードルが上がる一方で、「私にできるかな」とクランクイン前はずっと悶々としていました。

ーー可愛いうえに親近感もある葵を見事に演じられていましたよ!

上白石:そんなことはないんですよ! 監督やスタッフ、キャストの皆さんがそうしてくださったんです。

杉野:謙虚だな~(笑)。

ーーその謙虚さも葵のようですね!

上白石:そんなことないです! でも、葵だって自信がある子じゃなく、不安と戦いながら生きている子だから、そこは一緒だなと思ったんです。だから、葵を演じるために自信をつける必要はないんだとクランクインしてすぐに思いました。その部分は、葵と深いところで繋がれている気がしました。

杉野:さっき、萌音ちゃんが「葵も玲苑も素直」と言っていたのは確かにと思って。でも、また違ったベクトルかもしれないですけど、柊聖も多分、めちゃくちゃ素直だと思うんです。そう見えないかもしれないけど、自分が好きな人に対しては想いとかが溢れるというか。表面には見せないし隠すけど、それに気づいた葵が柊聖のことを好きになってくれたかもしれないし、それに気づいている玲苑が柊聖にやきもきしているかもしれないと考えました。僕は辛い時にすぐ「辛い」と言っちゃうから、柊聖のそういう所はかっこいいなと思いますね(笑)。

ーー好きな人や心を許している人には素直ということですね。では、杉野さんが柊聖と似ていると思うのはどんなところですか?

杉野:人に対して、自分が思っていることを抑えたり、相手の決断や要望が一番だと思っているところは同じかなと思います。

上白石:最近、杉野さんに柊聖っぽさをすごく感じます。一人ですごく考えるタイプじゃない? 色んなことを見ているし。ずっと考えているから「不思議な人だな」とも思うんですけど(笑)。「何を考えているんだろうな」、「どこを見ているんだろうな」って思うことがあって、それが柊聖に通じますね。

杉野:確かにそういうとこあるね(笑)。でも、なんでいまそう思ったの?

上白石:取材とかしているとやっぱり本音が出るから、柊聖とすごく近いんだなって最近思います。演じている時も柊聖だと思っていましたけど、最近はより感じます。

杉野:これはもう一回、柊聖をやるしかないですね(笑)。