dataLayer = [{ 'template': 'pc', 'rwd': 1 }];

『君の名は。』実写版の監督にマーク・ウェブが決定!ミュージックビデオから映画まで監督の過去作品特集
  • PickUp
  • 特集
  • 映画
  • 音楽

新海誠監督の大ヒットアニメーション『君の名は。』のハリウッド実写映画化(タイトル未定)の監督に決まったことで、新たな層からの注目が広がる映画監督マーク・ウェブ。

プロデューサーの川村元気が第一希望にあげていたのがマーク・ウェブだったことも報じられており、実写化にあたりどのような作品に仕上がるのか興味は尽きないなか、そのヒントになりそうなマーク・ウェブ監督のこれまでの代表作、そして映画監督としてのキャリアの出発点となったミュージックビデオの中から、特徴的な作品を紹介したい。

 

マーク・ウェブが手がけたミュージックビデオと映画作品を一挙ご紹介!

 

|MUSIC VIDEO

1. 「21 Guns」/Green Day

作品ページを開く

グリーン・デイ、2009年のコンセプト・アルバム『21世紀のブレイクダウン』の第3幕に収録されている“21Guns”。このビデオ、何と言っても淡々とした演奏シーンや抑えめの色調でありつつ、スローモーションでひたすら出演者のいるスペースに銃撃が続く緊張感に圧倒される。

だが、タイトルの“21Guns”はアメリカでは大統領や州知事に対する礼砲を意味し、歌詞の中でも「空に向けて武器を投げ捨てよう、君と僕で」と、直接的に戦争反対をアピール。かつ、登場するキャストの男女は『21世紀のブレイクダウン』の「グロリア」と「クリスチャン」そのもののような立ち位置で、長いキスシーンはジャケットのアートワークを想起させる。

「21Guns」の意味を知らなくても、銃撃の中、部屋は破壊されていくにも関わらず、二人が死なないこと、そして何と言ってもマークらしい色調に、このアルバムでのグリーン・デイの表現が見事に視覚化されていると言っていいだろう。グリーン・デイの作品は他にも“アメリカン・イディオット”時にも手がけているが、本作で両者の相性の良さが結実した印象も。

ちなみに2009年のVideo Music Awardでは最優秀ロックビデオ賞、最優秀監督賞、最優秀撮影賞を受賞している。

 

2. 「I Don’t Love You」/My Chemical Romance

作品ページを開く

バンドの持ち味ではあるが、マイ・ケミカル・ロマンスの中でも、よりダークなトーンのアルバム『ザ・ブラック・パレード』。中でも、主人公が死に際に過去の失恋が走馬灯のように思い浮かべるーーそんなシチュエーションがモノクロでシュールな映像とハマって、妙に忘れられないのがこちら。

ドラマ仕立てで実際に自身の映画作品に近いニュアンスのミュージックビデオが多いマーク・ウェブの中では少し異色の作品と言えるが、女性を白、男性を黒に塗りつぶした演出が、死生観の表現につながり強く印象に残る。
グリーン・デイにしろマイケミにしろ、シリアスな路線に舵を切った00年代のロックバンドにとって、マーク・ウェブの映像美は切っても切り離せない存在だったのだ。

 

3. 「Bad Day」/Daniel Powter

作品ページを開く

日本でも大ヒットしたちょっと懐かしいこの曲。冴えない日々を送るシングルの男女二人が、似たような思いを抱えているがゆえに、地下鉄の広告への落書きを通して恋に発展していくストーリーはマーク・ウェブの優しい視点があふれた名作。

ダニエル・パウター自身、容易ではないキャリアを積み重ねてきたアーティストではあるけれど、こんなにロマンチックなミュージックビデオに消化するあたり、曲と映像監督のナイスな化学反応が実現した好例と言えそうだ。

 

4. 「ZAYN」/Dusk Till Dawn ft. Sia

作品ページを開く

7年ぶりのミュージックビデオ制作となったのが、2017年の本作。ゼイン演じる運び屋の逃亡劇を本格的な演技で見せるという、マーク・ウェブの作風とは異なりつつも映画監督ならではの細部に配慮が行き渡った映像美と演出が見事だ。

ストーリー自体は男女ペアの運び屋と警察、そして第三者の知恵比べといった趣きだが、部屋の落ち着いた質感から、チャイナタウンの喧騒、迫力満点の爆破シーンなど、まさに映画級の情報量の多さが凄まじい。それでいてどこか寂しい後味を残すあたりにマーク・ウェブらしい美意識も感じられる作品。