ストレス発散!終わりがすっきりするミステリー映画特集
  • PickUp
  • 特集
  • 映画

日々、生きていると、どうしてもストレスがたまってしまうもの。そんな時、映画を観ることで心のモヤモヤが晴れることがある。

映画にはさまざまなジャンルがあるが、なかでもミステリー作品は、その構造や謎解きの面白さもあいまって、観るとストレス発散になることも多い。

そこで、結末を見れば心がすっきりするミステリー映画を紹介します。

 

 
『ゲット・アウト』(2017年)

作品ページを開く

『ゲット・アウト』は白人のガールフレンドの実家に訪れた黒人青年が体験する恐怖を描いたホラー映画だが、サスペンスとミステリーの要素も強く、近年の作品のなかでも出色の出来なので、まずは本作を推す。

アメリカのコメディアンであるジョーダン・ピールの監督デビュー作で、第90回アカデミー賞で4部門にノミネートされ、脚本賞を受賞した。

 
アフリカ系アメリカ人のフォトグラファーであるクリスは、白人の恋人ローズの実家へ招かれる。彼は白人の高級住宅地にある彼女の実家で歓迎されるが、黒人の使用人がいることに違和感を抱く。翌日のパーティーには裕福な白人ばかりが参加していて気が滅入ったが、黒人の若者を見つけて安堵する。しかし、時代遅れの不自然な服装や丁寧すぎる言葉づかいなどから「何かが変だ」と思う。クリスは彼にカメラを向ける。フラッシュがたかれると、男は鼻血を出して「出て行け!」とクリスに襲いかかる……。

 
物語が進むにつれて徐々に不気味さが増し、嫌な空気が飽和しそうなところで急展開。中盤以降は驚きの連続。つくりこまれた細部と冒頭から周到に置かれた数々の伏線、黒人差別の歴史をトレースする見事なメタファーたち。 映画の主題は黒人差別。

本作は、アメリカという国が辿ってきた歴史がどれほど怖いものだったかを描いた作品であり、現実社会を反映させた社会派映画といっても差し支えない。

監督のジョーダン・ピールはTwitterにて「『ゲット・アウト』はドキュメンタリーだ」と発言している。

良くできた映画は、画面に映るすべてのもの、聴こえてくるすべての音に意味がある。それこそ、登場人物たちが食べているものやその食べ方にまで。 一度目は圧倒的な展開に翻弄され、二度観てその綿密な作りに頷く。

観れば観るほど怖くなっていく稀有な作品。本作を観て、ストレスフルな時間から「ゲット・アウト」したい。

 

 
『お嬢さん』(2016年)

作品ページを開く

『オールド・ボーイ』(2003年)などで知られる韓国の鬼才、パク・チャヌクによる問題作。

「このミステリーがすごい!2005年版」海外編で1位を獲得したサラ・ウォーターズによる歴史小説『荊の城』を原作に、部隊を日本統治下の朝鮮半島へと置き換えた。

 
スラム街で詐欺グループに育てられた少女ナム・スッキは、ある詐欺師からひとつの計画を持ちかけられる。それは、莫大な財産の相続権を持つ令嬢・秀子(ひでこ)を誘惑して結婚した後、精神病院に入れて財産を奪い取ろうというもの。スッキは計画に加担するのだが、次第に秀子に惹かれていってしまう。

 
と、あらすじを読む限り「どこがミステリーなの?」と思わなくもないが、このあらすじは全体の三分の一を要約したものにすぎない。

上の物語が終わってからがミステリーの始まりだ。第一部が終わる頃、ほとんどの人が心のなかで「あっ」という声をあげるだろう。

そこからは、わけのわからない映画がはじまる。自分が何の映画を観ているのか一瞬わからなくなるほど風呂敷が広がっていくが、最後にはすべての伏線が回収され、最高レベルの脚本と演出、演技に拍手喝采を送ることになるだろう。

かなり面白いが、閲覧注意な作品でもある。露骨な(過剰な)セックスシーンや暴力描写が含まれており、複数の国で18+指定を受けている。