“この映画は僕らおじさんたちの青春物語”映画『そらのレストラン』マキタスポーツ×高橋努×石崎ひゅーい対談インタビュー
  • 新作
  • インタビュー
  • 映画

1月25日(金)に全国公開された、映画『そらのレストラン』。

チーズのように味わい深い仲間と家族の絆を描いている本作は、実際にせたなで自然と共に生きる循環農業を行っている”やまの会”の人々がモデルになっており、優しくリアリティに満ちた作品となっています。

主演は北海道出身で、今や日本映画界に不可欠な存在となった大泉洋さん。共演は本上まなみさん、岡田将生さん、マキタスポーツさん、高橋努さん、石崎ひゅーいさんと個性的な実力派が揃いました。

今回は、仲間内の兄貴的な存在で、米・大豆農家の石村を演じたマキタスポーツさん、主人公の亘理と同級生でトマト・野菜農家の富永を演じた高橋努さん、陽気な性格でUFOが好きな漁師の野添を演じた石崎ひゅーいさんによる対談インタビューをお届け。

3人が書いた『そらのレストラン』のオリジナリティー溢れるPOPも注目です!

 

石崎さん「野添と同じくUFOに連れ去られたことがある」

©2018『そらのレストラン』製作委員会

――今回の役を演じるにあたって役作りはされましたか?

高橋:1年間、無農薬で過ごすっていう……。

マキタ:うそつけ!農薬顔じゃねぇか(笑)。

高橋:農薬顔って何ですか(笑)!まぁそういう感じで、1年間は無農薬の食材を食べて過ごしましたね(笑)。

マキタ:僕は、撮影に入る前に現地入りして、その日の夜にみんなで食事したんですけど、そこで僕の役のモデルになった富樫さんとお会いしたその感触で。でも、富樫さんとは全然違ったものになっています。だって富樫さん、一言も喋ってくれなかったんですよ(笑)。僕はめちゃくちゃ喋りますからね。だから、僕なりの石村だったと思います。

高橋:マキタさんは1日ですけど、僕は1年間で役作りをしましたよ!

マキタ:うそつけ! まだ本も渡されてないのに、何の準備をしてたの? いつ話が来てもいいように?

高橋:そうです、そうです(笑)。

――石崎さんはいかがですか?

石崎:僕の役はUFOが好きな役なんですけど……。

マキタ:彼は船長の役なんですけど、モデルとなった方は彼と全く違うんですよ。その船長はめちゃくちゃ喋るんです。

――石崎さん演じる野添は、どちらかと言うと口数が少ない役柄ですよね?

石崎:そうですね。僕は普段も口数が少ないので、あまり役作りをした感じではなく。でもUFOは意識しました。

高橋:ひゅーいはUFOに連れ去られたことあるから役作りどころじゃなく、むしろ超えてるよね!

石崎:そうなんです。仙波大橋という所で連れ去られたことがありまして。劇中で野添が「UFOに連れ去られたことがある」と言っているのは、実はノンフィクションなんです(笑)。

――ちなみに、劇中で披露されているUFOダンスは石崎さんが考えられたんですか?

石崎:いえ。あのダンスは振り付けの先生がいて、撮影に入る前に何日間か練習しました。

マキタ:練習したよね! ものすごい練習した。あれは運動量すごくて大変でした。俺は痩せて足が太くなったよ、筋肉がついて。中腰の状態が長く続くので。

高橋:3、4kg痩せましたもんね。撮影した場所は砂浜だし、ダンスするのが難しかったんですけど、全然使われなくて(笑)。

マキタ:ほとんど使われてない! でも僕、あのシーンは絶対ほとんど使わないだろうと思ってたから、ちょこっと使ってもらえててすごく嬉しかった。だってあれ、現場ではほとんど真っ暗だったからね。夕日を撮りたくて仕方ないんですよ、カメラマンさんたちが。でも意外と良い感じで映ってた。ただ、短かったですね。あんなもんじゃなかったよね、ダンスシーン。

石崎:映画で使われている5倍~10倍くらいは踊ってましたよ!

マキタ:相当踊ってたよね。ひゅーいは、洋さんとかより早く現場入りしてたから、朝から一人でずっと練習してね。

石崎:朝練してましたね(笑)。

高橋:あのダンスは“ひゅーい演じる野添から学ぶ”という体なので、ひゅーいは僕らが練習する前から練習してて。

石崎:ずっと練習していましたね!

石崎ひゅーいさんが書いた『そらのレストラン』のPOP

 

あわび山荘での面白エピソード

――撮影以外での思い出深いエピソードはありますか?

マキタ:我々は借りていた宿の場所が転々と移動していったんですけど、最初は自然の中でもまだ町場の八雲町にいて、そこから毎朝1時間くらい移動して撮影していたんですね。ただ、やっぱり撮影場所まで時間がかかるので「近場でいいところが空いたら泊めてください」と言ったらプロデューサーさんが用意してくださったんですが「人がいっぱいだから」とまたすぐに別の宿に移動することになりまして。今度はどういうところかなとワクワクしていたら、遠い山の山荘に連れていかれて……。

高橋:本当に温泉しかないんですよ!

マキタ:贅沢なんですけどね。かけ流しの素晴らしい温泉で。

石崎:僕、外でギター弾いて練習してたら、その山荘の支配人に「熊に食われるからもう弾かないで」って言われました(笑)。

マキタ:熊に食われるって(笑)!

高橋:“あわび山荘”っていう素晴らしい宿なんですよ。アワビが美味しいっていうね。

マキタ:そうそう。アワビ美味しかったよね。そして温泉がウリなんだよね。かけ流しで茶褐色で、本物感がすごいんですよ。本当に猿とかが使ってそうな温泉なんです。ただね、熱くて入れない(笑)。近隣に住まわれている、肌がだいぶ強くなったお年寄りの方達に合わせてるんでしょうね。その方達に比べたら僕らはまだ若くてルーキーなわけですよ。 でね、1回だけ(岡田)将生君がその温泉に入るってときに、支配人の方が「薄めましょうか?」って言ってくれたんですけど、彼がうっかり断っちゃって! その1回のチャンスしかなかったのに(笑)。

高橋:しかも、その温泉の茶褐色がすごくて。毎朝僕らはその温泉に入るんですけど、誰もいないな~って思って入ったら、「おはようございまーす」って声がするんですよ。声のする方を見たらプロデューサーさんがいたんですけど、プロデューサーさんはずっと現場にいらっしゃるので、すっごい日焼けしているわけなんですね。だから茶褐色と同化してよく見えないんです!

マキタ:俺もあった! 人がいないところから声が聞こえるんですよ。そしたらお湯の水面に歯だけ浮いてるんです(笑)。温泉でもそんな感じで楽しかったですね。

ツッコミ役は岡田将生さん

©2018『そらのレストラン』製作委員会

――皆さん、とても仲が良くて素敵ですね! 撮影でのアドリブは多かったですか?

マキタ:アドリブは多かったです。深川監督がアドリブも込みでライブ感のある関係性を撮ってくださったので、いつ回ったのか分からないことが良くありました。

高橋:本当にカメラを回してるタイミングがよく分からなかったですよね!

マキタ:「OK!」って声が聞こえて「えっ?撮ってたの?」ってことがよくあったよね。

――5人の仲間達で談笑しているシーンなどは、ノリでどんどんお芝居されていく、という感じだったのでしょうか?

マキタ:そうですね。洋さんもいるし、僕もいるし、努もこんな感じなので、みんながボケるんですよ。だからいつのまにか将生がツッコミになって。そして、ひゅーいは天然ボケなので、ちょっと別枠で。そうなると、将生しかツッコミがいないというね。

高橋:将生は撮影が終盤になってきたころ、自分のツッコミが下手なんじゃないかって悩みだしていましたしね(笑)。

マキタ:みんながボケるので、ボケを被せて被せてみたいな感じになって、将生がいつのまにかツッコミのポジションになってましたね。それで、みんな将生の前に整列して「はい、次!」みたいな感じで、ボケをさばくというね(笑)。でも、撮影後に東京に帰ってきてからみんなで集まったとき、僕らがボケようとしても、将生は一切ツッコんでくれなくて、完全にリセットしてた!

――スイッチがオフになってしまったんですね(笑)。その中でも、石崎さんは天然ボケというポジションで……?

石崎:あ……はい(笑)。

マキタ:独特な時間が流れているんですよね、彼の中には。ほんわかしててね、周りのムードを良い感じにしてくれてましたよ。彼はアーティストなので、待っている間にも着想して、撮影が休みの時には曲を作るっていうね。

石崎:そうですね! 色々と曲を作りましたね。

――最後のUFOダンスで流れる曲は石崎さんが歌われているのですか?

石崎:はい。「歌って」と言われて歌ってみたら良い感じだったので、レコーディングもしまして。

マキタ:でも彼、さっき撮影中に曲作ったって言ってましたけど、全然できてなかったですよ。せっかく作ろうと思ったのに熊に食べられる危険もあったしね! 結局、何曲作ったの?

石崎:そうですね……。本当は何曲か作らなきゃいけなかったんですが、実は一曲も完成しなかった(笑)。