宇多田ヒカル、サバイブしてきた20年を肯定したツアーファイナル
  • 特集
  • 音楽

ライブが進むにつれ、これは宇多田ヒカル自身にとっても、この場所に集まった私たちにとっても、20年をサバイブしてきた事実を肯定する時間であるように感じた。声援や拍手など具体的なエールや感謝のみならず、1曲1曲、披露されるたびに彼女とオーディエンスが会話しているような深い共感。それにはいくつか理由があると感じた。

筆者が見たのはツアー・ファイナルの幕張メッセ公演。2日公演の2日目だ。開演までの客入れの時間にBGMはない。期待に溢れながら、誰もが静かに宇多田ヒカルの登場を待つ、それは厳かと言っていいムードだった。無音からメンバーが登場し、続いて最後に宇多田ヒカルが登場し、歌始まり…

続きを読む