dataLayer = [{ 'template': 'pc', 'rwd': 1 }];

これぞエンターテイメント!パフォーマンスがハイレベルな映画5選
  • 特集
  • 映画

音楽界の有名人を題材にした作品や、偉大な歌手が主人公を演じている作品など、パフォーマンスにフォーカスを当てた映画は、ときにミュージカル以上に盛り上がることも。

今回は鳥肌級のパフォーマンスが盛り込まれた映画をご紹介する。

『ボヘミアン・ラプソディ』(2018年)

作品ページを開く

■あらすじ
世界的人気ロックバンド「Queen(クイーン)」の結成秘話と、45歳でこの世を去ったフレディの生き様を描いた伝記映画。空港でアルバイトをしていたフレディ(ラミ・マレック)は、夜な夜なライブハウスへ足を運んでいた。そんな彼は、ブライアン(グウィリム・リー)とロジャー(ベン・ハーディ)のバンドのボーカルが脱退したことを知り、自分を売り込む。圧巻の歌声を披露したフレディに、二人はノーと言えなかった。彼らは新しく加入したベースのジョン(ジョー・マッゼロ)とともに「Queen(クイーン)」を結成、1年後にはアルバム製作に取り掛かる。

注目したいのは、ラスト21分。20世紀最大のチャリティコンサート“ライブエイド”のパフォーマンスを徹底再現しているのだ。フレディ自身の声と、ラミ・マレックが1年かけて研究したというフレディならではの動きのクセやパフォーマンスが重なり、まさにフレディ本人が生き返ったかのよう。また、涙なしでは見られないフレディの孤独と仲間の絆にも注目だ。鑑賞時には、ハンカチ必須。「Queen(クイーン)」を知らない新しい世代の人たちにも強くおすすめしたい一本だ。

『バーレスク』(2010年)

作品ページを開く

■あらすじ
アイオワの田舎からロサンゼルスへとやってきたアリ(クリスティーナ・アギレラ)は、テス(シェール)が運営するラウンジ「バーレスク」へと足を踏み入れる。そこには、きらびやかな世界が広がっていた。アリはステージに立つ目標を持ちながらウェイトレスとしてバーレスクで働くことに。そんな中、アリにチャンスが訪れる。バックダンサーが妊娠したため、代役を務めることになったのだ。さらなるハプニングで、彼女は歌声を披露することになり、観客から注目を浴びる。

世界的歌姫クリスティーナ・アギレラ演じるアリの圧巻のパフォーマンスが最大の見どころだ。口パクでしかパフォーマンスしなかった従来のバーレスクスタイルを壊すほどのアリの歌声に、劇中の観客同様鳥肌が立ってしまう。男も女もアリに惚れてしまうほどの力強い歌声だけでなく、大御所歌手のシェールのパフォーマンスにも注目だ。キラキラした世界を覗いて現実逃避したいという人にピッタリ。