ELLEGARDENやtoeなど!忘年会/新年会が盛り上がる曲5選
  • 特集
  • 音楽

年末が近づくたびに、なんだかもの悲しい気持ちになりますが、12月から1月にかけて増え続ける忘年会と新年会の数々……!酒を飲むための口実はたくさんあるので、悲しい気持ちになっている暇なんてありません。今年も酒を飲んで飲んで、飲み続けるのです……!

2018年、平成最後の忘年会・新年会は例年以上に盛り上がっていくしかネエ!というわけで、今年を思い出しつつ、忘年会・新年会が盛り上がる曲たちを紹介していきます。

忘年会・新年会を盛り上げる5曲を紹介!

 

1.  「New Year’s Day」/ELLEGARDEN
作品ページを開く

私にとって、年の瀬の曲と言われてまず思い浮かぶのはこの曲!です。ELLEGARDENど真ん中世代なので、カラオケ行ってとりあえず「Missing」入れておけば盛り上がります。細美さんの「うっせえ!ブス!」というセリフに、きゃーきゃー言っていた時代は私にもありました……。私の大切な青春の1ページです。
今年は、10年ぶりに活動再開を果たし、私のテンションもブチ上がりました……。まあ、チケット取れなかったんですけどね。どういうペースで活動をしていくのかわからないけれど、来年こそはライブを見れたらいいなあ~!

 

2. 「レイテストナンバー」/toe

作品ページを開く

今日本でどんな音楽が売れているのか、どういうバンドが人気なのか、私にはよくわかりませんが、私の身の回りで圧倒的に支持されているバンドのひとつがtoeなんじゃないかと思います。JAやポカリスエットのCMでも起用されているので耳にしたことがある方も多いはず……!こちらは、今年リリースされたばかりの『Our Latest Number』から。

ボーカルレスの曲が多いのですが、toeの曲はいつどんなシチュエーションで聴いても飽きないし、耳にするたびに新たな発見があります。自分の生活にすっと溶け込んでいくかのよう。それでいて、ライブはエモーショナルで、今まで聴いていた楽器の音と同じであることを疑ってしまうくらいのバカテクに奥行きと温度を感じるサウンド。自分でも理解しきれない感情に、思わず涙が出そうになります。私は、演奏がうまいとライブハウスの大きすぎる音が不快に感じないということをtoeのライブで初めて知りました。大好き!!!

 

3.  「Wake Me Up」/Avicii

作品ページを開く

クラブ通いの方は彼の曲は聴かない日はないでしょうし、音楽が好きな人であればなんとなく耳にしたことがあるのではないでしょうか?

私……ですか?クラブは友達に呼ばれてごくごくたま~に行きますが、カルチャーについていけずに端の方で怯えた小鹿のような佇まいで音楽に耳を傾けています。EDMは普通に好きで、眠気覚ましも兼ねて仕事中によく聴くんですが、やっぱりクラブは少し怖いです(笑)。

この曲は、カントリーとEDMをうまく混ぜ合わせた独特のきれいな曲調で、中毒性が増していくようです。イントロがアコギで入っていくの、珍しい……よね?あと、MVに出ている女の子がめちゃくちゃにかわいい。
年末に向けて少し忙しくなっていく感じにもぴったりだし、新年を迎えて無条件に祝いたくなる感じにもばっちりキマります。心の中のパリピが踊りだします。EDMを聴くと、もうなんか自然に盛り上がらなければならないことがDNAに組み込まれている気がする。不思議な音楽だ……。

今年の4月に28歳の若さで亡くなってしまいましたが、もう少し聴いていたかったな~今年は世界で活躍する若手ミュージシャンがたくさん亡くなった一年だった気がする。

 

4.  「Crazy Crazy(feat. Charli XCX & Kyary Pamyu Pamyu)」/中田ヤスタカ

作品ページを開く

や~すごいコラボ。Charli XCXときゃりーちゃんのフューチャリングです。なんとなく名前が似ている気がする……が、声の質が2人は全然違いますね。英国の「可愛さ」と日本の「可愛さ」が、ノリノリなメロディーにあわせてうまく融合されています。

なんだかんだ、ヤスタカサウンドは中学くらいからcupsule、MEG、COLTEMONIKHA、Perfumeと定期的に耳にしていて、気が付けば好きとか嫌いの域を超えてしまっている状態になんですよね。

きゃりーちゃんもすごくて、デビューした頃は、J-POPっぽさというか耳に残るフレーズに、万人受けするわかりやすいサウンドが目立っていたような気がするんですけど、最近はこんなゴリッゴリのエレクトリックで攻めているんですね……知らなかったな。ちゃんと聴かないと。ライブも2回くらいしか見たことないんですよね。

ちなみに、Charli XCXの「Boom Crap」は『きっと星のせいじゃない』の挿入歌にも起用されているので映画が好きな人はなんとなく耳にしたことがあるはず。『ベイビー・ドライバー』でも主演を務めたアンセル・エルゴートがどんどんかっこよく見えてくる映画です。絶対見てください!

 

5.  「銀河」/フジファブリック

作品ページを開く

はい!今年はこれで終わりです!!!みんな大好きフジファブリックをかけておけば年末年始は問題ないです!今年も来年もHAPPY!安泰です!

フジファブリックの曲は本当に気持ち悪いですよね。想像をゆうに超えてくる独創性で頭を思いっきりぶん殴られるので、本当に最高です。あ、めちゃくちゃに褒めています。この曲は四季をテーマにした連続リリースの最終章であり、その冬盤が『銀河』なんですよね。

私が初めてフジファブリックを聴いたのもこの曲だったような気がします。スペシャでMVが流れていました。当時はPCも触れないから、新しい音楽との出会いはスペシャか、ラジオか、友達とのCD交換だったなあ~……。

そのときまでは正統派ロックバンドしか聴いたことがなかったので、イントロの個性的なギターリフに気持ち悪い歌詞、訳のわからないMVの映像に衝撃を受けたのをいまだに覚えています。そして高校生の私はロッキンのレイクステージ最前でフジを見たのよ……。

音楽と記憶って割と近いところに存在していて、私と同世代の方はそれぞれにフジファブリックに関する思い出があります。まあ、このバンドだけじゃないんだけど、そういうのめちゃくちゃいいよね……。

 


 
相変わらずですが、早いもので2018年もあっという間に終わっていきましたね。今年も色々あったな~なんて、ちょっとしみじみしてしまいます。

忘年会・新年会と酒飲めるのはいいけど、疲れますよね……。そういうときは好きな音楽でも聴いてやり過ごすのです。来年もお酒片手にたくさんいい音楽を聴いて、ブチ上がっていきたいな~……!

 

text by あたそ