映画『旅するダンボール』|話題の段ボールアーティスト・島津冬樹が語る「段ボールの向こう側」とおすすめ映画
  • 特集
  • 映画

世界30カ国の街角で捨てられた段ボールを拾って、かわいくカッコ良い財布につくり変える。「不要なものから大切なもの」をうみだす注目の段ボールアーティスト・島津冬樹(しまづ・ふゆき)の活動に迫ったドキュメンタリー映画『旅するダンボール』が公開される。

劇中で島津は、とある段ボールの源流を辿って旅をしながら、様々な人と出会う。それは段ボールの向こう側にある物語に触れる旅でもあった。この旅を経た島津は、「段ボールはあたたかい」と嬉しそうに語る。しかし、段ボールがあたたかいとは、いったいどういうことだろう? なぜ彼は段ボールに惹かれるのか? 段ボールの向こう側にある物語とは? 

本作の主人公である島津に、映画や段ボールの魅力はもちろん、「本当に好きなものに出会う」ための秘訣や、影響を与えた映画について語ってもらった。

 

モノを捨てると、記憶からも消えてしまう

――完成した映画を観て、率直にどう感じましたか?

自分が伝えたかった段ボールの奥行きというか、段ボールにはタイムラインがあるということを伝えられたと思っています。常々、財布づくりやワークショップ以外で伝えなければいけないものがあると思っていたんです。そのひとつが、誰がつくって誰が捨てたのかという、段ボールの源流を辿っていくことでした。

――映画の冒頭で「二度ともらえないものに対する恐怖がある」と言っていたのが印象的でした。

モノより思い出ってよく言うけど、結局、モノがないと思い出が戻ってこないと思うんです。ささいなもの、たとえばWi-Fiのパスワードであっても、それを見た時にホテルの情景が思い浮かぶことがありますよね。でも捨ててしまうと記憶からも消えてしまう。それが怖いんです。モノがなくなった時、それを覚えている人が誰もいない、というのは寂しいですよね。

――そういう意味でも、段ボールを里帰りさせてデザインした人に財布を渡すという行為は、すごく価値のあることですよね。劇中でのそのシーンは、段ボールづくりに関わった人々の人生を肯定する展開になっていて、すごく素敵でした。

そう思います。「段ボールはあたたかい」という言葉が出てくるんですけど、そういうものが撮りたかった。あのシーンは素敵ですよね。

――島津さんは小さい頃、植物に興味があったそうですね。でも段ボールは植物ではない。植物と段ボールにはどんな共通点があると思いますか?

今まで好きになったものを振り返ってみると、「自然か人工物か」というよりも、「同じ形でバリエーションがあるもの」なんです。貝殻とか飛行機とか、キノコとか。

――ああ、なるほど!

だから植物だったら何でもいいわけではなくて、僕が好きなのはランやユリなんです。ランもユリも、あの形で世界中に豊富なバリエーションがある。貝だったら、イモガイという種だけで何千種類もデザインがあるんですよ。飛行機も同じ形だけどエアラインごとにデザインが違う。僕にとっては、そういったものの延長に段ボールがあるんだと思います。

 

どの段ボールを財布にするか、それが問題だ。

――映画のなかでいちばん苦労したことは何ですか?

客観的に自分を見ることがいちばん難しかったです。自分を裸にするというか、自分のルーツが何なのか、子どもの頃何が好きだったのか。そういうことに向き合うことが大変でしたね。段ボールアーティストとしての活動を9年やっていても意外と気付かないことがたくさんあるんです。なぜ自分はこれほど段ボールが好きなのか。それが今回ようやく「あたたかさ」だと言語化できました。この映画でやっと自分を知ることができた気がします。

――劇中では段ボールの財布をつくる過程も描かれていますが、どの作業がいちばん難しいですか?

拾うこと(笑)。それから、自分のストックのなかからどれを選ぶかもかなり難しいです。やっぱりどれも好きで拾っている段ボールなので、それを財布にするというのは、結構勇気がいることなんです。本末転倒だけど「これ財布にしちゃっていいのかな……」という葛藤が毎回あって、いつまでも決まらない(笑)。

――段ボールを拾う際、街を歩いていて「あのへんに段ボールがありそうだな」ということはわかるんでしょうか?

ほぼ予想がつかないですね。収集車が来る時間との戦いでもあるんです。いつ回収されるかわからない。さすがに資源ごみとして出されている家庭のごみは拾わないので、お店のあるところを中心に狙うんですけど。

――お店の段ボールって、深夜に一気に回収しますよね。

そうなんです。だから夜な夜な街を歩き回ってます(笑)。築地は良い段ボール拾いスポットだったんですけど、築地場内がなくなってしまって困ってます……。

 

ささいなことでも突き詰めていくと、その先に見えるものがある

――映画『旅するダンボール』はとても面白い映画で、エモーショナルなシーンもありました。しかしやっぱりいちばん印象的だったのは、段ボールについて語る時の島津さんの表情です。島津さん、めちゃめちゃ嬉しそうに語りますよね(笑)。それが少し羨ましくもありました。というのも、現代では「やりたいことがわからない」「情報や選択肢が多すぎて、自分が本当に欲しいものがわからない」という人が少なくないと思うんです。どうして島津さんは、それほどまでに好きなものを見つけられたんでしょうか?

ささいなことでも突き詰めていくと、その先に見えてくるものがあると思うんです。重要なのは続けること。続けないとその先は見えない。僕も最初から段ボールを見てマニアックに喜んでいたわけではなくて、ただの財布の材料として集めていた。でも続けていくうちに面白く思えてきたんです。

――どこかのタイミングでその魅力に気付くんですね。

自分で驚いたんです。一ヶ月くらいで壊れると思っていた段ボールの財布が、一年経ってもじゅうぶん使えているということに。段ボールってこんなに丈夫でおしゃれなグラフィックなのに、なんで当たり前のように捨てられちゃうんだろう? そう思った時、すべての段ボールがもったいなく思えてきました。その感覚を誰かと共有したくなったんです。

――本格的に段ボールにハマったのは財布をつくってから一年後くらいだったんですね。

そうですね。それが大学二年生の頃でした。ちょうどその頃、初めての海外旅行でアメリカのNYに行ったんです。当然のことながらNYにも段ボールは落ちているわけで、それがやけにおしゃれに見えたんですね。「NYにも段ボールってあるんだ」という当たり前の事実に気付いて、世界中の段ボールで財布をつくったら面白いんじゃないか、と思うようになりました。

 

島津さんに影響を与えた映画

――ここからは、島津さんに影響を与えた映画について聞いていきたいと思います。

実はまだ悩んでいて、決めかねてるんですけど……。人生そのものへの影響というよりも、『旅するダンボール』に影響を与えた映画でもいいですか?

――もちろんです。

じゃあ、『ステーキ・レボリューション』にします。世界中のお肉を食べ歩いていちばんの肉を決めるという映画なんですけど、これを観た時、「お肉で旅をして映画になるのなら、段ボールも映画になるんじゃないか?」と思ったんです。今回映画を撮ろうと思った大きなきっかけですね。

――ということは、『旅するダンボール』は島津さんが自分で撮ろうと思った映画だったんですね。

そうなんです。元々は僕が監督と撮影をして、編集だけ岡島龍介さんにやってもらう予定でした。誰かの手を介さず、段ボールに対する熱をそのまま映画にしたかったんです。2年くらい構想を練っていたんですけど、自分では撮れなくて、岡島さんにバトンタッチしました。

――島津さんが撮った映像もあったんですか?

僕が撮ったぶんも全部渡したんですけど、使える画がなかったです(笑)。セルフドキュメンタリーって難しいと思いました。自分でカメラを構えて段ボールを見つけた瞬間のリアクションを撮ると、「もうちょっとオーバーにした方がいいかな?」とか考えてしまうし、どうしても下手な演技になってしまう。自分で自分のドキュメンタリーを撮ることの矛盾も感じました。だからもう少し客観的に見てくれる人にお願いしようと思って。

――ちなみに、『ステーキ・レボリューション』とはどんな出会い方をしたんでしょう。

実は、会社員時代にこの映画のポスターやグラフィックデザインを僕が担当したんです。プロデューサーの汐巻裕子さんと知り合ったのもこの仕事がきっかけでした。

 

「推し段ボール映画」について

――普段からよく映画を観ますか?

映画は好きですね。子どもの頃はアクション系の映画が好きで、特に『スター・ウォーズ』はずっと好きでした。大人になってからはドキュメンタリー映画を観るようになって、今回もいろんな作品を観て勉強しました。ベン・スティラーの『LIFE!/ライフ』もすごく好きな映画です。観ると旅をしたくなる。あのワクワク感も『旅するダンボール』をつくる際に参考にしました。

――映画を観ることで普段の作品づくりへのインスピレーションが得られることもあるんでしょうか?

ありますね。ウェス・アンダーソンの『犬ヶ島』はグラフィックがすごく秀逸ですよね。ああいうものにヒントを得ることはあります。

――映画のヴィジュアルに惹かれるんですね。

そういうことが多いですね。『ザ・トゥルー・コスト ~ファストファッション 真の代償~』というドキュメンタリー映画があるんですけど、あれは映画の構成として勉強になったし、ファストファッションの切実な問題について学ぶこともできて生活の意識が変わりました。

――映画のなかに出てくる段ボールが気になる、ということもありますか?

それはかなりあります。その部分だけスクリーンショットで撮って保存することもあるんです。いちばん印象的な「推し段ボール映画」は、ティム・バートンの『チャーリーとチョコレート工場』。WONKAの段ボールがCGとリアルの両方でたくさん出てくるんですよ。オープニングからワクワクしますね。

――確かに『チャーリーとチョコレート工場』は、非常に印象的な箱詰めのシーンから始まりますね。

あの段ボールがLAの倉庫に眠ってるんじゃないかと思うと本当にワクワクする。いつか手に入れたいですね。でも、映画に出てくる段ボールって本当にごくわずかなんです。ほんのちょっとしか映り込まない。それがちょっと残念です。

 

text by 山田宗太朗
photo credit (c)2018 pictures dept. All Rights Reserved

 
 

『旅するダンボール』
12/7(金)YEBISU GARDEN CINEMA /新宿ピカデリー ほか全国順次公開

作品ページを開く

出演:段ボールアーティスト・島津冬樹 ナレーション:マイケル・キダ
監督:岡島龍介 製作:汐巻裕子 撮影・編集:岡島龍介 
音楽:吉田大致 VFX:松元 遼  L.A.撮影:サム・K・矢野
日本語字幕:Mika Totechinsky
配給:ピクチャーズデプト

公式サイト:carton-movie.com
Facebook : https://www.facebook.com/fromallcornersthemovie/
Instagram : https://www.instagram.com/from_all_corners/
2018年/日本/91分/カラー/アメリカンビスタ/ステレオ/DCP
(C)2018 pictures dept. All Rights Reserved