白い布に包まれたゴーストの、静かで深い想いの物語
  • 新作
  • 映画

映画における“この世に存在しないもの”のイメージは、多様化している。かつてはゾンビや吸血鬼など典型的なイメージがあったが、現在はその範囲に収まらない。ホラー映画は有力なジャンルとして今も相当数の作品が製作されているが、その数に加えて技術の進歩により表現上の“おばけインフレ”が起きている。その結果、もはや造形ひとつで、観客が怖がったり驚くことはほとんどない状況に至った。そんな状況下、『A GHOST STORY ア・ゴースト・ストーリー』で登場した“この世に存在しないもの”のイメージには…

続きを読む