解散&活動休止中! マイケミからオアシスまで復活してほしいバンド6選

ひとつのシーンを築き上げたバンドの解散は、イコールで新時代の幕開けを意味する。

昨今の邦楽はとても魅力的に進化しているが、その背景には他国の音楽文化の醸成が絡んでいることがほとんどだ。

そこで今回は、洋楽無縁のJ-ROCKマニアの人でも馴染み深い、エモーショナル・ハードコア(通称:エモコア)にフォーカスをあて、様々な理由で解散してしまったバンドのプレイリストを作成した。

 

1. 「Welcome To The Black Parade」/My Chemical Romance


作品ページを開く

ロックバンド・マイ・ケミカル・ロマンス(My Chemical Romance)が誕生したのは、2001年のこと。フロントマン/ボーカルのジェラルド(・ウェイ)が通勤途中に9.11(アメリカ同時多発テロ事件)の現場を目撃し、当時アニメーターだった彼の人生に大きく与えたことがきっかけになった。結論から話すと、解散の理由はバンドが燃え尽きたこと、彼らの音楽がショー・ビジネスと化したことにあるそう(公式サイト参考)。

ニュアンスは違えども、大成したアーティストの「才能の枯渇」はよくある話で(中には死を選ぶロックスターもいる)、潔く解散を選んだのは、オーディエンスを悲しませないための最善であったように思う。人生観が変わる出来事に遭遇し、音楽表現の道を選んだだけに、その感受性は常人には量れない何かがあるのだろう。ジェラルドはきっと、自身の内側と向き合い続け、アートとして楽曲を発表してきたはずだ。

彼らが世界から注目を浴びるきっかけとなったのは、3rdアルバム『The Black Parade』をリリースしてからのこと。なかでも同作に収録された「Welcome To The Black Parade」は名曲中の名曲だ。日本でもCMソングとして採用されているため、どこかで聞いたことのあるメロディかもしれない。

現在、バンドメンバーはそれぞれの道で音楽活動をしている。それだけに、突如解散して5年が経った今でも「ある日突然復活するのではないか……。」と考えてしまう。

 

2. 「Don’t Look Back In Anger」/Oasis


作品ページを開く

ビートルズ(The Beatles)、ローリング・ストーンズ(The Rolling Stones)に同じく、音楽に全く興味がない人でも一度は聴いたことがあるであろう、UKロックの代表的バンド・オアシス(Oasis)。

私事だが、先日10代の後輩から「オアシスってどんなバンドですか?」と尋ねられたことに衝撃を受けた。現代っ子にとってのオアシスは、「名前は聞いた事ある程度の認識」であり、聴くきっかけがないのだとか。……というわけで、本稿では「活動再開してほしい」というよりも、一夜限りでもいいから復活ライブをしてほしい、という願いを込めて紹介したい。

《僕の魂は消えてしまうけど、思い出を怒りで塗りつぶさないでと君は言うんだ》

上記の歌詞は、オアシスの名曲「Don’t Look Back In Anger(訳:怒りとともに振り返ってはいけない)」の歌詞の一部にあるもの。同曲は1996年に発表され、瞬く間に大ヒットを飾った楽曲だ。スケールが大きく様々な解釈ができることから、2017年にマンチェスターで発生した自爆テロ事件においても現地の人々に勇気を与えることになったそう。

 

(cap)追悼の場で、一人の女性が「Don’t Look Back In Anger」を歌いはじめ……

 
この件に関して、歌詞を書いたノエル(・ギャラガー)は「歌詞に特別な意味はない」と話していたそう。だが、これこそがオアシスが音楽史に残るバンドと化した理由だと思う。誰でも歌えるようなメロディに意味深な歌詞が乗っかった、麻薬のような音楽ばかりだからだ。

 

3. 「Your World Is Over」/Joshua


作品ページを開く

4人組ロックバンド・ジョシュア(Joshua)。初期ウィーザー(Weezer)を彷彿とさせる、ハードコアを根底に持ち、叙情と情熱を激しく訴えるような楽曲を得意とするバンドだ。言い方を変えれば、元来の意の「エモ・バンド」である。なかでも1999年に発表されたデビューアルバム『Whole New Theory』は、J・ロビンズがプロデュースを務め、その当時他バンドとは一線を画したメロディセンスで注目を集めている。

今でこそ、環境面で荒削りな部分が目立つものの、90年代エモ・シーンの魅力がふんだんに詰まっている一枚となっている。個人的にジョシュア最高峰のアルバムだと思うので、ぜひ聴いてみてほしい。

人気絶頂の2002年、惜しまれつつも解散を発表した。

 

4. 「Holiday From Real」/Jack’s Mannequin
何も考えずに、以下の楽曲を10秒だけ聴いてほしい。


作品ページを開く

英語が全く苦手でもしっかりと聞き取れる歌詞、哀愁漂うボーカルに引き込まれ、10秒以上聞き惚れてしまったのではないだろうか。約8年間の活動の末、2012年に解散したアメリカ出身のロックバンド、ジャックス・マネキン(Jack’s Mannequin)。

同バンドが「The Mixed Tape」や「I’m Ready」など数々の名曲が詰まった『Everything in Transit』をリリースしたのは2005年。当時、ボーカル&ピアノのアンドリュー・マクマホンは白血病を患っていた。哀愁のある歌声の裏には、難病と闘う恐怖、それでもと向き合う覚悟といった彼の生き様が現れている。

メロディを楽しんだら、次は歌詞に注目して二度味わうことで更に好きになる、そんなバンドだ。

 

5. 「The Everglow」/Mae
作品ページを開く

こちらもピアノエモの王道バンド、メイ(Mae)。2001年に結成され、10年の活動期間を経て無期限の活動休止を発表した。そんな彼らの歴史的名盤となったアルバム『The Everglow』は、プロローグから始まりエピローグに終わる物語のような構成となっている。捨て曲と呼ばれるものがない。

再三ピックアップ曲に悩んだが、ここでは表題曲となる「The Everglow」を挙げよう。今でも多方面で耳にするような、メロディアスな一曲となっている。きっと、この体験も一生色褪せないはずだ。

生粋のアメリカンバンドではなく、どこかUKロックの系譜を感じる楽曲が多い。現代的な「エモ」という意味では、オアシスと通ずるものがあると感じるのは浅はかだろうか。

 

6. 「Me And My Broken Heart」/Rixton


作品ページを開く

2012年に活動を開始し、YouTubeでカバー曲を発表することで注目を集めたことがデビューのきっかけとなった4人組UKバンド、リクストン(Rixton)。

YouTubeがデビューのきっかけ、というのが今っぽいが、話題性を抜きにしても素晴らしく感じる実力派バンドだ。2014年にリリースした「Me And My Broken Heart」のMVはYouTubeで1.4億再生を突破した(2018年10月現在)。

同曲でブレイクスルーを経た彼らは、翌年にアリアナ・グランデ(Ariana Grande)やエド・シーラン(Ed Sheeran)のツアーでサポートアクトを務めることになる。そのまま一気にスター街道を駆け上がっていくのかと思いきや、2017年1月2日(日本時間)、Twitterの公式アカウントにて意味深な投稿により一部ファンから不安の声があがった。

 

(訳:2016年の支持は信じられないものだったよ。本当にありがとう。また近いうちに会おう。)

 
無期限の活動休止なのか、解散なのか。冒頭で紹介したマイケミのように、予想もしない反響によるプレッシャーに潰され、なかなか新曲が発表できない状態に陥った可能性もある。考え出すとキリがないが、彼らはまだ若く、エネルギッシュなはずだ。我々の予想をはるかに超えた楽曲をぶら下げ、表舞台に帰ってくることを期待しよう。

最後に、ぜひ、本稿で紹介したバンドの楽曲を聴きくらべてほしい。ハードコアとは掛け離れた現代的なポップスという印象を受けるかもしれないが、オアシスから始まり、リクストンに続くエモ・シーンの変遷がよく分かるはずだ。

 

text by Yuta Ishikawa