音楽ライター・黒田隆憲が選曲!カート・ヴァイルにビーチ・ハウス、聴くものを安らかな眠りへと誘う楽曲プレイリスト

「安眠できる楽曲プレイリスト」というテーマのもと、2018年にリリースされた楽曲の中から5曲を、マイ・ブラッディ・ヴァレンタインの世界唯一のバンド公認カメラマンとして世界中を回り、共同編集に『シューゲイザー・ディスク・ガイド』、『ビートルズの遺伝子ディスク・ガイド』や著書に『マイ・ブラッディ・ヴァレンタインこそはすべて』、『プライベート・スタジオ作曲術』などで活躍しているフリーランスのライター/カメラマン・黒田隆憲さんが紹介。
 

黒田隆憲さんがセレクトした安眠ソング5選

 
1. 「Bassackwards」/Kurt Vile


作品ページを開く

まずは、フィラデルフィア出身のシンガー・ソングライター、カート・ヴァイル(Kurt Vile)。彼はザ・ウォー・オン・ドラッグス(The War On Drugs)の初代ギタリストとしても知られ、2ndアルバム『Slave Ambient』をリリース後に脱退すると、平行していたソロ活動に専念。

初期はプリミティヴでローファイなサウンドを奏でていたが、名門〈Matador〉に移籍しての3rdアルバム『Childish Prodigy』あたりから次第に頭角を表すように。4thアルバムの『Smoke Ring for My Halo』は、ザ・ヴェルヴェット・アンダーグラウンド(The Velvet Underground)直系の優れたソングライティング能力と、ザ・ウォー・オン・ドラッグス譲りのサイケデリアが融合したサウンドスケープにより、USインディ・シーンに鮮烈な印象を残した。

昨年はコートニー・バーネット(Courtney Barnett)とのコラボ作『Lotta Sea Lice』をリリースするなど話題に事欠かない彼だが、この曲は通算7枚目となるアルバム『Bottle It In』からの先行シングル。

どこかルー・リード(Lou Reed)の「Walk on the Wild Side」を思わせる楽曲で、アコギによるヒプノティックなアルペジオと、折り重なる逆回転(?)サウンドの反復が、心地の良い眠気を誘う。

 
 
2. 「Pay No Mind」/Beach House


作品ページを開く

ビーチ・ハウス(Beach House)は、映画『シェルブールの雨傘』や『ロシュフォールの恋人たち』、『華麗なる賭け』などのサントラを手がけたフランスのピアニスト、ミシェル・ルグラン(Michel Legrand)を叔父に持つヴィクトリア・ルグランと、米国メリーランド州ボルチモア在住のアレックス・スカリーによって結成されたデュオ。

TVオン・ザ・レディオ(TV on the Radio)や、ヤー・ヤー・ヤーズ(Yeah Yeah Yeahs)との仕事で知られるクリス・コーディーをプロデューサーに迎えて制作された3rdアルバム『Teen Dream』で話題に。日本でも、本作収録の「Zebra」が映画『八日目の蝉』で印象的に使われ密かに話題となった。

Beach House – Zebra [OFFICIAL VIDEO]

この曲は、彼らが元スペースメン3(Spacemen 3)、現スペクトラム(SPECTRUM)のソニック・ブーム(Sonic Boom)と共に制作した通算7枚目のアルバム『7』に収録された楽曲で、疾走感溢れるオープニング曲「Dark Spring」から一気にギアを落として演奏される、スローコアなナンバー。

サビの男女混成ヴォーカルや、コード進行に対するメロディの乗せ方が、どことなくピクシーズ(Pixies)を感じさせるのも興味深い。引きずるようなドラミングや、気だるく歌われるヴィクトリアの歌声に包まれていると、体の力が徐々にほぐれていくようだ。

 
 
3. 「Deep Sea」/Snail Mail

作品ページを開く

スネイル・メイル(Snail Mail)ことリンジー・ジョーダンも、ビーチ・ハウスと同じくボルチモア出身のシンガー・ソングライター。現在はブルックリンを拠点に活動する19歳で、10月には早くも初来日公演を行い大盛況だった。

アヴリル・ラヴィーン(Avril Lavigne)に衝撃を受けてギターを手にし、ヘリウム(Helium)やワイルド・フラッグ(WILD FLAG)、エクス・ヘックス(Ex Hex)などで活躍していたメアリー・ティモニー(Mary Timony)に師事。ギタープレイのみならず、ソングライティングの手ほどきも受けたという。

この曲は、そんな彼女がカート・ヴァイルも所属する〈Matador〉と契約し、2018年8月にリリースした1stアルバム『Lush』に収録されている。トレードマークのフェンダー・ジャガーと同様、真っ赤なアートワークが印象的なこのアルバム。

シンプルだが9thコードやメジャー7thコードの響きを活かしたクランチ気味のギター、思春期特有の蒼さが残る内省的な歌詞の世界、エモーショナルな彼女の歌声がヒリヒリと胸に刺さる。

どこか懐かしいワルツ曲「Deep Sea」は、孤独な夜にそっと寄り添ってくれる子守唄のようだ。

 
 
4. 「Crush」/Cigarette After Sex


作品ページを開く

少しハスキーで憂いを帯びた、グレッグ・ゴンザレスの中性的な歌声と、ゆっくりと花が開いていくような静謐なアンサンブル、そしてそのユニークなバンド名にも通じる背徳的な歌詞により、昨年大きな話題となったシガレット・アフター・セックス(Cigarette After Sex)。

フランスのシンガー、フランソワーズ・アルディ(Françoise Hardy)から影響を受け、ビーチ・ハウスやマジー・スター(Mazzy Star)、コクトー・ツインズ(Cocteau Twins)、レッド・ハウス・ペインターズ(Red House Painters)辺りをも彷彿とさせる1stアルバム『Cigarettes After Sex』のサウンドスケープは、ドリーム・ポップ・シーンにも大きな爪痕を残した。

彼らはライブ・パフォーマンスもユニークだ。極力照明を落とし、古い映画をコラージュしたような映像を、ステージ後方に投影しながら演奏する。まるでデヴィッド・リンチの映画のワンシーンを観ているような、シュールでイビツな世界観。

2018年6月にリリースされた待望の新曲となる「Crush」にも、そんな彼らの美学が何ひとつ変わることなく引き継がれている。聞き手のバイオリズムによっては、「安眠」ではなく「悪夢」へと引きずり込まれる恐れもあるので要注意。

 
 
5. 「My World ft. Cornelius」/Benny Sings

作品ページを開く

最後に紹介するのは、オランダ出身のポップ・マエストロが、2018年9月に日本盤先行でリリースした通算6枚目のアルバム『City Melody』収録曲。かねてからベニー・シングス(Benny Sings)が「大ファン」と公言する、コーネリアス(Cornelius)こと小山田圭吾との、念願叶ってのコラボレーションである。

弾むようなリズムと、AORや日本のシティポップにも通じる洗練されたコード進行、甘やかな声で歌われる、ジャジーでポップなメロディ。バート・バカラック(Burt Bacharach)やスティーリー・ダン(Steely Dan)、ギルバート・オサリバン(Gilbert O’Sullivan)、ポール・マッカートニー(Paul McCartney)らを彷彿とさせるベニーの音楽性は、デビュー時からコアな音楽好きをずっと虜にし続けてきた。

本作は、凝りに凝ったプロダクションが印象的だった前作『STUDIO』と聴き比べると、より「歌」に重きを置いたソング・オリエンテッドな方向へとシフトしているようだ。しかも、メイヤー・ホーソーン(Mayer Hawthorne)やカナダ出身のモッキー(MOCKY)、ドイツのシュコなど多彩なゲストを迎え、バラエティ豊かな仕上がりになっている。

中でも白眉は、やはりこの曲。「日本の至宝」とも言うべき小山田の声と、ベニーの声が入り混じる心地よさといったら、安眠できること間違いなしである。

 
以上、5曲をセレクトしていただいた。曲順にもこだわっているので、
この順番にぜひ聴いてみてほしい。良い夢を……。
 

text by 黒田隆憲