dataLayer = [{ 'template': 'pc', 'rwd': 1 }];

観覧注意!観たらお腹が空く「食テロ」洋画5選
  • 特集
  • 映画

料理には、その国の文化が表れる。やっぱり旅に出たら、そこの美味しいものを食べたいと思うのが心情だ。この記事では、観ると思わず「本場の味を食べるためにヨーロッパ旅行をしたくなる」映画を紹介する。

『シェフ! 〜三ツ星レストランの舞台裏へようこそ〜』(2012年)


作品ページを開く

日本でも有名なフランス人俳優ジャン・レノが主演のフランスのコメディ映画。三ツ星レストランのシェフが料理への閃きを失い、このままでは次の審査で星を失いかねないという危機に直面。そんな時、数多くの有名シェフのレシピを完璧に暗記する才能を持ち、天才料理人を自称するがペンキ塗り屋として働く若い男と出会い、彼を自分のアシスタントとして誘い、その二人の掛け合いが笑いを誘う作品。

フランスの三ツ星レストランが舞台で、画面には美味しそうなフランス料理が出てくる。シェフの2人が妥協を許さず、我が強いキャラクターを演じ、二人の関係性も面白いコメデイ映画。料理シーンだけではなく、内容としてもおもしろおかしく観られる作品。この映画で本場フランスの高級フレンチを目で堪能しながら、本場フランスで高級フランス料理を食べてみたいと思うこと間違いなし。

ペンキ塗り屋の男がアシスタントにふさわしいかテストをする場面では、目の前の料理を口にしながら、材料を当てていく、料理人の世界ではよくありそうな光景も、なんだかクスっと笑えるシーンとなっている。厨房だけでなく、公の場で料理を披露する二人が周囲に聞こえないように、小声で喧嘩をしながら料理をしていく様など、よく見るキッチンの罵声が飛びながらのやり取りとは又違って笑える。