心温まる食卓シーンが印象的な邦画4選
  • 特集
  • 映画

最近では、昔のように大家族でご飯を食べるシーンなどが少なくなってきているように思う。現代社会の中では「一人飯」という言葉もあるくらいで、食卓の団欒はあまり見られなくなってきているのかもしれない。食卓と言っても一概に家族の団欒だけではなく、友達同士で囲む食卓や、もしかしたら知らない者同士が一緒に食卓を囲むようなこともある。そんな食卓シーンの中で様々な人間模様を映し出し、観終わると心が和んだり、切なくなったりする、そんな邦画をご紹介。

『かもめ食堂』(2006年)

作品ページを開く

ちょっと世間離れした、個性的な人々がフィンランドのヘルシンキを舞台にゆったりと交流を繰り広げていく様子を描く物語。

サチエ(小林聡美)はフィンランドの首都ヘルシンキにて、「かもめ食堂」という日本食の食堂を営んでいる。しかし、近所の人々からは小さい人のおかしな店と敬遠され、客は全く来ない。サチエはここではあくまでもおにぎりをメインにと考えるが、ある日思い立って(純和食ではない)シナモンロールを焼くと、いつも遠巻きに見ていたフィンランドの人たちがその匂いに釣られて来店し、その日を境に少しずつ客が入るようになる……。

指差し旅行でたまたま来た日本人女性とサチエが、フィンランドにいながら日本食を食べるシーンなど、今出会った二人が日本人と言うことで異国の地でつながっていく様子からは、海外に来て寂しい所にふっと触れてしまう同郷人の日本人の優しさや、海外で日本食を食べてほっとしてしまう、そんな情景が垣間見える。

海外で日本食レストランはたくさんあるが、この『かもめ食堂』の内装はモダンで、おしゃれな北欧風のお店。確かに「日本食レストラン」というよりは、「食堂」と言った方が合っている。そんなお店で、海外展開に悪戦苦闘するサチエが徐々にフィンランドの人たちと距離を縮めていく姿からは、言葉が通じ合わなくても、やはり美味しいものは人を繋いでくれるんだなあと感じる。

最初は遠くから怪訝そうにお店を覗いていただけのフィンランド人の主婦たちが、サチエが作るシナモンロールを見てお店に入り、美味しそうにそれを食べる彼女たちの団欒の姿や、徐々に人が入り始めた食堂に、ちょっとおぼつきながらお箸で日本食を食べるフィンランド人の姿が可愛らしい。

日本ではあんなに馴染みのあるおにぎりだが、日本人のお客が食べる様子にフィンランドの人がじっと見る姿も、またおかしい。日本人のとってのソウルフード(として劇中でも紹介されているが)であるおにぎりがまだまだ世界には知られていないのだなあと思う瞬間だ。確かにお寿司は皆知っているのに、日本人にとって日常にかかせないおにぎりの認知度は低い。そこには家庭の味とレストランの味の違いがあるのだろうか……。しかし、この映画の中ではやっぱりおにぎりは重要な役割で登場している。日本人にとって、本当はお寿司なんかよりも、おにぎりの方がソウルフードであって、生活や文化に密着しているのになあ、と思える作品だ。

実際にフィンランドのヘルシンキにはこの映画の舞台となったレストランがあり、日本人の方にも有名な観光名所となっている。

『めがね』(2007年)

作品ページを開く

人生の一瞬に立ち止まり、たそがれたい。何をするでもなく、どこへ行くでもない。南の海辺に、ひとりプロペラ機から下り立った女性、タエコ(小林聡美)。マイペースで奇妙な人々に振り回されるが、自分なりに「たそがれる」術を身につけていく。そして、タエコを追ってきた男性(加瀬亮)を含めた南の海辺で出会った5人の間には奇妙な連帯感が生まれていく。しかし、その時間は永遠には続かない……。

『めがね』のロケ地は与論島。穏やかな島の中で、多くの食事シーンが出てくる。家族、友達、というよりはその島に集まった人々の交流の中で食事が重要な要素となっている映画だ。大きなエビを黙々と、淡々と皆で食べる姿や、シャリシャリ削って作ったかき氷を皆で黙々と食べる姿は言葉がなくてもなんとなく時が流れていく様が描かれている。素朴なかき氷だが、海を見ながら静かにかき氷を食べ終わった男性が、「人生で一番のかき氷でした」と言う。誰もいない海辺でのんびり食べるかき氷は、絶品だろう。そして、そのかき氷のお礼をお金ではないもので返していくという、5人の関係性やこの島でのたそがれた生活を表しているように思う。

また、この映画の中では朝ごはんも重要だ。忙しくて時間がなくて朝ごはんをおろそかにしてしまう人も多い毎日だが、この映画の中では朝ごはんもこの島にいる人間の関係性を表す上で重要な役割を担っている。

実はこちらも『かもめ食堂』と同じ荻上直子監督、脚本作品。穏やかに流れる日常生活の中にある切なくて暖かい人間関係を描くのがとても上手いと思う監督だ。

『あん』(2013年)

作品ページを開く

『あん』は、日本映画だが、2013年2月にドリアン助川が出版した小説を原作とする日本・フランス・ドイツ合作の映画。

辛い過去を背負う千太郎(永瀬正敏)は、どら焼き屋『どら春』で雇われ店長として日々どら焼きを焼いていた。ある日このお店に徳江(樹木希林)という手の不自由な老婆がバイトに雇ってくれと訪れる。最初は彼女をいい加減にあしらい帰らせた千太郎だったが、彼女に手渡された手作りのあんを舐めた彼はその味のおいしさに驚く。店の常連である中学生ワカナ(内田伽羅他)の薦めもあり、彼女を雇うことに。店も繁盛し始めたあるとき、彼女がハンセン病感染者がという噂が広まり……。

食卓と言うよりはどら焼きがメインの映画。どら焼きを通じて孤独な者同士が繋がっていく、「甘く」切ない作品。どら焼きを作る者、どら焼きを食べる者、それぞれの人生の中にさまざまな想いがあり、その想いが少しずつ繋がっていく。そして、そんな中でハンセン病感染者として生きていく老婆の辛い人生を感じることができる。ハンセン病感染者として、世間から隔離されて生きてきた彼女は本当に美味しいあんを作る。きっと本当は皆と同じように「普通」の生活がしたいと願い、それが叶わず生きてきた彼女が、それを隠してほんの短い間だが、どら焼き屋で働く姿を見ると、切なく感じながらも、やっぱり美味しいものは人を繋いでいくんだなあと思う。しかし、その時間も結局長くは続かず、彼女はお店を辞めていく。その後の彼女の寂しさも伝わってくる切ない映画でもある。

実はこの映画では徳江を演じた樹木希林の本当の孫娘である内田伽羅他がワカナ役を演じているところも見どころだ。

『しあわせのパン』(2012年)

作品ページを開く

小さな2階建ロッジのパン屋が湖畔に開店した。夫の「水縞尚(みずしま なお)」(大泉洋)が焼くパンと、妻の「りえ」(原田知世)が入れるおいしいコーヒーが自慢の店。店名は、りえがお気に入りの絵本「月とマーニ」にちなんで「カフェマーニ」。たちまち近所で人気の店になり、常連客に憩いの場を提供している。2階は簡易宿泊所になっており、ときどき、正面のバス停を利用して遠方から旅行客も訪れる。

北海道の田舎でペンション兼パンカフェの夫婦と、そこに訪れる人たちの四季のふれあいを描く物語。北海道洞爺湖町月浦地区に実在する店がモデルとなっている。四季折々にそのカフェに訪れる人たちとパンカフェの夫婦との交流の中で、焼きたてパンやその他美味しそうな素朴な料理がそのカフェに訪れる人の心を癒していく様子が描かれている。

北海道の田舎で起こる様々な小さいな出来事をこのパン屋のパンや食べ物が癒してくれる。食べ物はただ体の為の栄養素ではなく、心の栄養素でもあるんだなと思える作品。焼きたてパンの美味しそうな香りが画面から今にも漂いそうだ。色んな思いの詰まった手作りパンは、そこに訪れる人たちだけでなく、観客も温かい気持ちにさせてくれる。主人公夫婦の素朴な暖かさが、そのパンにも表れており、食べ物を作る人の気持ちがちゃんと食べる人にも伝わるのだなあと感じる。

 

食卓は誰と囲んでもいいもの。

食事は体の栄養補給のためだけではなく、心の安らぎにもなるものだ。家族と囲むだけではなく、色んな人と食卓を囲み、美味しいものを食べ、癒されていくのではないか。美味しいものをただ食べるという行為だけでなく、その時間を誰とどう過ごすかも、生活の中で大切な要素なのではないだろうか。作り手の事を思い、みんなで過ごすその時間を大切にする、そんな当たり前だったことを映画を観て再認識してもらえたらと思う。

text by Kuriko

プロフィール

Kuriko
"ヨーロッパ20年在住、現在フランス在住ライター。映画コラムニスト。
映画鑑賞は日常生活の一部。趣味は監督や演者の質疑応答がある先行上映会に行くこと。"