スクリーンのむこう側とこちら側が静寂で地続きになる極度の緊張体験
  • 新作
  • 映画

物音を立ててはいけない。映画の劇中において、この状況は多い。例えば、敵の集団に追われた主人公のチームが壁の裏側に回って息をひそめた『マトリックス』(1999)、そして頑強なセキュリティが施されたIMFのビルに潜入したエージェントがエアダクトをバレないよう静かに這う『ミッション:インポッシブル』(1996)などは、誰もが一度は目にしたことがあるだろう。アクションやサスペンス映画であれば、こういうシーンが劇中に一度は出てくる。それほど馴染みのある状況と言える。なぜなら映画にとって、この状況は甘美だからだ。身の危険を背負った静寂は、日常生活の中ではほぼ皆無。そして、物音を立てないように振る舞う…

続きを読む