ジザメリからマイブラまで。シューゲイザーを語る上で外せないバンド5選

80年代から90年代にかけてイギリスで生まれたノイズの効いたギターが特徴的な音楽、シューゲイザー。シューゲイザーの由来は、ライブでステージの床に貼り付けた歌詞カードを見ながら歌唱・演奏していたことからその名前がつけられたと言われている。そのシューゲイザーのプレイリストを作成するにあたり、無視することのできない影響を与えたバンドを紹介する。

 

1. 「To Here Knows When」/マイ・ブラッディ・ヴァレンタイン
シューゲイザーのプレイリストを作成する上で、外すわけにはいかないのがこのバンド。80年代半ばにアイルランドはダブリンにて結成され、何度かのメンバーチェンジを経て男2女2の男女混成バンドになり、のちにオアシスなどを見出したUKインディの代表的なレーベル〈Creation〉に移籍すると、これまでのガレージバンク然としたスタイルから一転、暴力的なギター・ノイズとポップなメロディを融合させた革新的なサウンドを奏でてシーンを激震させる。彼らに影響を受け登場したライドやラッシュらと共に、シューゲイザーと言われたその音楽性は、彼らが91年にリリースしたセカンド・アルバム『Loveless』が一つの到達点となった。

この曲(先行EP『Tremolo』リード曲)は、その中でも典型的なシューゲイズ・サウンド。甘く儚いメロディと、それをかき消すようなノイジーかつアンビエントなギター。全てが絶妙なバランスで成立し、少しでも崩れれば楽曲そのものが破綻してしまうようなサウンドスケープは、バンドの頭脳であるケヴィン・シールズ(Vo、Gt)がほぼ1人で作り上げたもの。その後のギターバンドに計り知れないほどの影響を与え、数々のフォロワーを生み出したのはご存知のとおり。


作品ページを開く

 
2. 「Star Roving」/スロウダイヴ
学校のクラスメートだったニール・ハルステッド(Vo、Gt)とレイチェル・ゴスウェル(Vo、Gt)を中心に、英国はレディングにて結成された4人組。マイ・ブラッディ・ヴァレンタイン(以下、マイブラ)と同じく〈Creation〉よりファースト・シングル「Slowdive」をリリースすると、その幻想的なアートワークとサウンドスケープによりたちまち話題となる。バンド名の通り、奈落の底へとゆっくり落ちていくようなギター・サウンドと、レイチェルとニールの男女混成ヴォーカルはまさにシューゲイザーを象徴するもの。マイブラと、オックスフォード出身の若き4人組ライドと共に「シューゲイザー御三家」と呼ばれて人気を博した。

この曲は、彼らが95年に解散し、それから実に19年の歳月を経て再結成を果たし作り上げたアルバム『Slowdive』収録曲。疾走するリズム隊と、うねるように交じり合いながら分厚い壁を作っていくギター&シンセ、そして白昼夢のようなメロディの融合は、まさしくシューゲイザーと呼べるサウンドスケープ。ちなみに、彼らのトリビュート・アルバム『Blue Skied an’ Clear』がドイツのレーベル〈Morr〉から2002年にリリースされ、それが近年の【シューゲイザー再評価】に大きく貢献したことも明記しておきたい。


作品ページを開く

 
3. 「Horror Head」/カーヴ
80年代に「Sweet Dreams」などのヒットを飛ばし人気を博したユニット、ユーリズミックスのデイヴ・スチュワートを介して知り合った、ディーン・ガルシア(Gt)とトニ・ハリデイ(Vo)により結成されたのがカーヴである。ユーリズミックスのライヴ・サポートも務めていたディーンはマルチ・インスト奏者で、彼の作り出すユーリズミックス譲りのインダストリアルなトラックに、トニのカリスマティックなヴォーカルが乗ったサウンドは、当時隆盛を誇っていたシューゲイザー・シーンの中でも異彩を放っていた。

この曲は、彼らが1992年にリリースしたファースト・アルバム『Doppelgänger』収録曲で、ドスの効いた低音ヴォイスと天使のようなウィスパー・ヴォイスを巧みに使い分けるトニのヴォーカル表現力が全開。本作のプロデュースを務めているのは、マイブラの『Loveless』やライドのセカンド・アルバム『Going Blank Again』などを手がけたアラン・モウルダーだ。なお、カーヴは1996年に一度解散し、1996年に再結成を果たして『Gift』など良質のアルバムを作り上げたが、2005年にトニが脱退し空中分解。ディーンは愛娘のローズ・ベルリンと新ユニット、スペース・エコを結成しマイペースに活動を続けている。

作品ページを開く

 
4. 「Evangeline」/コクトー・ツインズ
ここからは、シューゲイザー・シーンに大きな影響を与えたバンドを2組紹介したい。

まずは、スコットランドにて70年代終わりに結成されたコクトー・ツインズ。バンドの司令塔ロビン・ガスリー(Gt)の作り出すエフェクティブなギター・サウンドと、エリザベス・フレイザー(Vo)による唯一無二の歌声によって瞬く間に話題となり、のちにピクシーズやディアハンター、セイント・ヴィンセントなどを擁する〈4AD〉からリリースされた一連のアルバムは、その幽玄なアートワークとともにレーベルの顔にもなった。彼らが1990年にリリースした通算7枚目のアルバム『Heaven or Las Vegas』は、ギターやシンセを幾重にも重ねたり、ダンサンブルなリズムを導入したりと、シューゲイザーやマッドチェスターを少なからず意識した作風で話題になったが、続く『Four-Calendar Café』では音数を減らし、ミニマルなアレンジに挑戦したことで物議を醸した。

この曲は、とりわけシンプルなアレンジが印象的で、当時メンバー間の不仲が伝えられる中、どこか悟りの境地に至ったような趣さえ感じられる。バンドは1997年、レコーディング中に突如解散。通算9作目となる予定だったアルバムは幻と化し、2005年に<コーチェラ>で再結成されることが報じられるも実現には至らなかった。

作品ページを開く

 
5. 「Just Like Honey」/ジーザス・アンド・メリーチェイン
シューゲイザーに影響を与えたバンドとして、彼らを挙げないわけにはいかない。1984年、ジム(Vo)とウィリアム(Gt)のリード兄弟によりスコットランドはグラスゴーにて結成されたジーザス・アンド・メリーチェイン(以下、ジザメリ)は、友人だったアラン・マッギーが主宰するレーベル〈Creation〉からシングル「Upside Down」でデビュー。その後、「グラスゴーで一番のレコード・コレクター」と呼ばれ、後にプライマル・スクリームのヴォーカリストとなるボビー・ギレスピーがドラマーとして加入すると、そのライブが英国中のメディアで話題となる。曰く、客に背を向けたまま延々とフィードバック・ノイズを撒き散らし、たった20分でステージを去る……時には暴動さえ巻き起こり【セックス・ピストルズ以来の衝撃】とも評された。

この曲は、そんな彼らが1985年に〈Blanco y Negro〉よりリリースした記念すべきファースト・アルバム『Psychocandy』の、冒頭を飾る曲。ロネッツの「Be My Baby」を思わせるドラムと、気だるい声で歌われる甘いメロディ、深くエコーのかかったディストーション・ギターはヴェルヴェット・アンダーグラウンドにも通じるものがあり、マイブラやライドといったバンドに大きな刺激を与えた。ちなみに1992年には、ブラー、ダイナソーJr.、マイブラそしてジザメリの4組で、<ローラーコースター・ツアー>と銘打ち英国を回っている。


作品ページを開く

 

 

text by 黒田隆憲