旅人が選ぶ! イタリアに行く前に観ておきたい映画3選
  • 特集
  • 映画

古代ローマ帝国の発祥地、イタリア。世界遺産の宝庫と称されるこの国は、歴史的建造物をはじめ、芸術や文化の魅力溢れる大人気観光スポットだ。また、都市によってまったく違った風景を楽しめるため、何度訪れても飽きない国として人気を博している。今回は、これからイタリアへ旅行する方のために、街全体が世界遺産の水の都ヴェネツィアと、シェークスピアの名作「ロミオとジュリエット」が誕生したヴェローナ、2つの都市を舞台にした映画を厳選し、紹介する。

『ミニミニ大作戦』(原題:The Italian Job)


作品ページを開く

■あらすじ
巧みな技と知識で窃盗を繰り返すチャーリー(マーク・ウォールバーグ)は、イタリア・ヴェネツィアの最新型金庫に保管されている50億円相当の金塊の強奪を計画。仲間を集め、無事計画に成功したチャーリー。しかし仲間のスティーブ(エドワード・ノートン)に裏切られ、金塊と父のように慕ってきたジョン(ドナルド・サザーランド)の命が奪われてしまう。一年後、チャーリーはジョンの娘を仲間に加え、金塊を奪い返す計画を立てる。


 
本作は1969年に大ヒットした同名イギリス映画のハリウッドリメイク版。主演は『トランスフォーマー』シリーズのマーク・ウォールバーグが務め、『ファイトクラブ』などのエドワード・ノートン、『モンスター』でアカデミー主演女優賞に輝いたシャーリーズ・セロンなど豪華俳優陣が脇を固める。彼らがBMWのミニを乗りこなし、壮絶なカーアクションを繰り広げる。

冒頭の50億円相当の金塊強奪シーンでは、ゴンドラを破壊するなど、激しいボートチェイスがヴェネツィアのカナル・グランデで繰り広げられている。ちなみに、本作のボートアクションが激しすぎたため、ヴェネツィアでの映画撮影が一時禁止になる事態に発展した。本作でしか観ることのできない迫力満載のボートチェイスにも注目だ。他にもサンマルコ広場など、ヴェネツィアらしい風景が登場するのでチェックしてほしい。

 
 

『ツーリスト』(原題:The Tourist)


作品ページを開く

■あらすじ
傷心旅行でヴェネツィアに訪れたアメリカ人、フランク(ジョニー・デップ)。彼は列車の中でミステリアスな美女、エリーズ(アンジェリーナ・ジョリー)と運命的な出会いを果たす。彼女に言われるがまま、一流ホテルにチェックインし、素晴らしい時間を過ごすフランク。しかし彼は、エリーズの恋人で誰も顔を知らない大物犯罪者と勘違いされ、捜査当局とギャングに追われる羽目に。


 
アンジェリーナ・ジョリーとジョニー・デップ、ハリウッドを代表する俳優の初共演が話題を呼んだサスペンス作品。テンポの良いストーリー展開と、さまざまな場面に散りばめられたヒント、そして衝撃的な結末が、サスペンス映画ファンの心を掴んだ作品でもある。典型的な、”もう一度見直したい”映画だ。

そんなサスペンスの裏側にあるのは、ヴェネツィアの絶景の数々。フランクとエリーズが降り立ったサンタ・ルチア駅、フランクがマフィアから追われるカナル・グランデ、豪華客船が停泊しているスキアヴォーニ河岸、エリーズたちが滞在した最高級のホテル・ダニエリなど。「ヴェネツィアで豪華な旅がしたい」という方に、ピッタリの作品だ。

 
 

『ジュリエットからの手紙』(原題: Letters to Juliet)


作品ページを開く

■あらすじ
婚前旅行でイタリアのヴェローナを訪れたライター志望のソフィー(アマンダ・セイフライド)。彼女は『ロミオとジュリエット』にまつわる観光名所「ジュリエットの家」へと足を運ぶ。そこは、世界中の観光客がジュリエット宛に恋の悩みを綴った手紙を壁に貼り付ける名所だった。手紙を回収し、返事を送るボランティア “ジュリエットの秘書” たちと出会ったソフィは、手紙回収のお手伝いをさせてもらう。そこでソフィは50年前に書かれた手紙を発見し、返事を綴ることに。


 
世界中から寄せられる恋愛相談の手紙「ジュリエットレター」を題材にした恋愛ドラマである本作。『マンマ・ミーア!』のアマンダ・セイフライドが主演を務め、オスカー女優ヴァネッサ・レッドグレーヴなど豪華俳優の共演でも話題になった。50年前の恋人を探す旅に、誰もが胸を打たれ「本当の恋愛とはなにか」を深く考えさせてくれる教材的映画だ。

本作の舞台は「ロミオとジュリエット」で名高いイタリア・ヴェローナ。「ジュリエットの秘書」ももちろん実在する。本作の影響でジュリエット宛の手紙が急増し、現在は「ジュリエットの秘書」も増員されたという。現在、恋愛について悩んでいる方、傷心旅行でイタリアを訪れたい方は、ヴェローナで本作の題材「ジュリエットレター」を書いてみてはいかがだろうか。

 
 

ロマンチックな景色が魅力的なイタリア映画

以上、イタリアのヴェネツィアとヴェローナを舞台にした映画を紹介した。爽快感溢れるアクション、予想できないサスペンス、そして純愛が美しいラブストーリー。今回紹介したどの映画でもイタリアならではの歴史あふれる絶景を堪能できる。イタリア旅行を検討中の方は、ぜひ映画鑑賞を通して旅行の計画を練っていただきたい。

 

text by トキエス

プロフィール

トキエス
映画ライター。洋画サスペンス・スリラー・ホラー作品記事をメインに執筆。 海外映画ロケ地巡り、1年に500本以上映画鑑賞など、映画にまみれた生活を送る。語学習得(英語・ドイツ語・スペイン語)と邦楽ロックが好き。

このコンテンツを推薦しているキュレーター