旅人が選ぶ! イタリアに行く前に観ておきたい映画3選
  • 特集
  • 映画

古代ローマ帝国の発祥地、イタリア。世界遺産の宝庫と称されるこの国は、歴史的建造物をはじめ、芸術や文化の魅力溢れる大人気観光スポットだ。また、都市によってまったく違った風景を楽しめるため、何度訪れても飽きない国として人気を博している。今回は、これからイタリアへ旅行する方のために、街全体が世界遺産の水の都ヴェネツィアと、シェークスピアの名作「ロミオとジュリエット」が誕生したヴェローナ、2つの都市を舞台にした映画を厳選し、紹介する。

『ミニミニ大作戦』(原題:The Italian Job)


作品ページを開く

■あらすじ
巧みな技と知識で窃盗を繰り返すチャーリー(マーク・ウォールバーグ)は、イタリア・ヴェネツィアの最新型金庫に保管されている50億円相当の金塊の強奪を計画。仲間を集め、無事計画に成功したチャーリー。しかし仲間のスティーブ(エドワード・ノートン)に裏切られ、金塊と父のように慕ってきたジョン(ドナルド・サザーランド)の命が奪われてしまう。一年後、チャーリーはジョンの娘を仲間に加え、金塊を奪い返す計画を立てる。


本作は1969年に大ヒットした同名イギリス映画のハリウッドリメイク版。主演は『トランスフォーマー』シリーズのマーク・ウォールバーグが務め、『ファイトクラブ』などのエドワード・ノートン、『モンスター』でアカデミー主演女優賞に輝いたシャーリーズ・セロンなど豪華俳優陣が脇を固める。彼らがBMWのミニを乗りこなし、壮絶なカーアクションを繰り広げる。

冒頭の50億円相当の金塊強奪シーンでは、ゴンドラを破壊するなど、激しいボートチェイスがヴェネツィアのカナル・グランデで繰り広げられている。ちなみに、本作のボートアクションが激しすぎたため、ヴェネツィアでの映画撮影が一時禁止になる事態に発展した。本作でしか観ることのできない迫力満載のボートチェイスにも注目だ。他にもサンマルコ広場など、ヴェネツィアらしい風景が登場するのでチェックしてほしい。

このコンテンツを推薦しているキュレーター